総合福祉センターの紹介


Q・総合福祉センターってなにをするところなの?


A・主に地域福祉を推進する団体である高山市社会福祉協議会から、地域住民の方に情報と安心を発信する拠点としての役割を担っております。

A・福祉に関するわからないこと等なんでもご相談下さい。


Q・どんなことに使われているんですか?


A・それぞれの団体の活動の場として利用されています。

A・各種団体の話し合い(役員会・総会)の場として利用されています。

A・そのほか、社会福祉協議会が受託している下記(社福協の紹介)の機能があります。


Q・誰でも自由に使ってもいいの?


A・どなたでもご利用いただけます。(利用前に受付窓口で御確認下さい)

      ・ボランティアがしたいんだけど・・・・・

      ・子どもともっと楽しく遊びたいけど・・・・・

      ・障がい者支援制度って、わからない・・・・・

      ・認知症って・・・・?

          などなど、どんな小さな事でもお気軽にご相談下さい。

Q・建物を維持するお金は誰が出してるの?

A・高山市からの管理受託金(指定管理制度)で維持・管理されています。

高山市社会福祉協議会の紹介
社福協って何をするの?


障がい児通園施設
「高山市障がい児通園施設あゆみ学園」運営受託事業

身体が不自由だったり、ことばに遅れがあったり、友だちとうまく遊べなかったりする乳幼児の発達を高めていく通園施設



児童センター・児童館受託事業

児童の健全育成や子育て支援
地域住民のふれあい交流事業の推進
昭和・山王・城山の児童センター・ふれあい児童館で展開

      

老人福祉センター・介護予防事業

高齢者健康づくり・健康維持のためのさまざまな事業(文化・体育活動、健康教室、出前講座、介護予防、サロン等) 



母子福祉センター

親子ふれあい事業をとおしての母子・父子家庭の支援、自主的な遊び場の提供、ふれあい事業の推進

       

身体障がい者福祉センター事業

デイサービスや野外活動、健康増進活動等をとおして、自立の支援を促進、関連機関とのネットワークの確立




福祉サービス利用支援事業

判断能力が十分でない方の地域福祉権利擁護事業
生活福祉資金の貸付窓口業務


ボランティアセンター事業

市民との協働によりボランティア活動・市民活動の推進次世代を担う子どもたちの育成や出前講座




空き店舗活用事業

空き家等を活用し、交流サロン多世代交流スペースの提供(健康教室・サロン養成・おもちゃ図書館)


外出支援事業

交通手段を持たない高齢者の外出を支援
対象地域は旧高山市以外の9支部域

      




共同募金運動への協力


赤い羽根、歳末助け合い、災害募金ほか

各支部を中心とし、市内全域で地域福祉を推進

前のページへ戻る