「福祉のまち」 No.228
令和3年(2021)9月15日発行

 
ロゴ画像 コロナ禍だからこそ「できること」を一緒にやってみませんか?~医療・福祉を「布・タオル」で応援!!~みんボラ! プロジェクト
「みんボラ! プロジェクト」が始動してから約5 か月。
毎週火曜日と金曜日(祝日除く)に「タオル等の寄付」「受け渡し」「裁断」「仕分け」「施設等へのお届け」など地域の皆さんが中心となり活動を進めてくださっています。
また、皆さまの想いが伝わるように、箱を飾りつけするといった活動も始まりました!
下記の活動や口コミなど、多くの方が携わってくださり感謝しています。
 以下のような想いをお持ちの方は・・・
・コロナ禍だからこそ何か活動をしたい
・集まりの場がなくなり、時間に余裕ができた
・自宅での時間を何かで活用したい
・会場までは行けないが、家でなら活動できる!
ぜひ一緒に活動しましょう!
イラスト画像
 活動イメージ
① センターで受付・説明
※毎週火曜・金曜日(祝日除く)
      ↓
② 材料を受け取る
※材料の配達も可能です。
 希望される方はご連絡ください
      ↓
③ 家や近所の方( 少人数) と活動
      ↓
④ 完成したらセンターへ届ける
※受け取りにお伺いもします
  現在の「みんボラ」
• 布を切る活動
• 布・タオルの寄付
• 施設・事業所までお届け
• 仕分け、梱包、仕上げ
             …など
 
活動の様子写真画像 地域の皆さま(ボランティア)の活動紹介タオルをお預かりし、裁断、仕分けをしてから梱包、仕上げをしてからお届けします 
 みんボラ!プロジェクト 担当:新井/大洞

歳末たすけあい配分事業申請受付のお知らせ!
 今年も、11月1日(月)から11月30日(火)の間、歳末たすけあい配分事業(義援金配分)の申請受付を行います。
 本年度も例年同様に申請方式にて行いますので対象となる方は、早めに申請をお願いします。
 なお、詳細については、お近くの社会福祉協議会窓口へお問い合わせください。
対象となる世帯(以下の各区分の要件をすべて満たす世帯)イラスト画像
1.障がい児・者(身体・知的・精神)世帯
・在宅者(施設入所者は対象となりません)
・身障又は精神手帳1級、療育手帳A1
・市民税非課税世帯
・家族の年間総収入が250万円以下の世帯

2.ひとり親世帯
・当該世帯で子供が高校卒業までの世帯(未就労)
・市民税非課税世帯
・家族の年間総収入が170万円以下(子2人目から1人につき30万円加算)の世帯

3.高齢者のみの世帯
・75歳以上
・在宅者(施設入所者は対象となりません)
・市民税非課税世帯
・ひとり暮らし高齢者で、年間総収入が90万円以下の世帯
・高齢者のみの世帯で、年間総収入が160万円以下の世帯

4.その他の世帯
・在宅者(施設入所者は対象となりません)
・市民税非課税世帯
・ひとり暮らしの世帯で年間総収入が80万円以下の世帯
・2人以上の世帯で家族の年間総収入が130万円以下の世帯
※世帯構成の基準日は令和3年11月1日です。
※生活保護世帯の方は、どの区分においても対象となりません。
※基準日の1か月以上前から施設に入所されている方は対象となりません。
申請期間は、令和3年11月1日(月)~30日(火)です。
※決定通知は12月中旬に申請者へ送付し、12月下旬に指定口座へ振り込みます。
※なお、世帯の年間総収入は前年中の金額ですのでご注意ください。
 
社会福祉法人 高山市社会福祉協議会理事・監事名簿 社会福祉法人 高山市社会福祉協議会評議員名簿 表画像
まちがいさがしをやってみよう!
 まちがいさがしを全て見つけてご応募いただいた正解者の中から抽選で、15名様に記念品をプレゼントします。

応募要件
高山市内在住の方 ※応募は一人一回
※まちがいは全部で7つ
全問正解者が抽選対象です。

応募方法
郵便はがきに、①まちがいさがしの答え(7つ) ②住所 ③氏名を記載の上、10月15日(金)までに下記までお送りください。
正解及び当選者は、福祉のまち11月15日号で発表します。
※ 当選者は、①~③全てにお答えいただいた中から抽選します。
※ まちがいさがしの回答方法については、まちがい部分の名称が違っていても正しい箇所であれば正解とします。

応募先

〒506-0053 高山市昭和町2丁目224
高山市社会福祉協議会 まちがいさがし宛

まちがいさがし画像

    ハートアニメーション画像高山市社会福祉協議会へ
心あたたまるご寄付ありがとうございました

(3月 3 日~ 7 月 12 日)
◆社会福祉事業のために  
前原善彰 様 …………………………………………… 20,000 円
ひだ笑いヨガクラブ 様 …………………………………  4,000 円
匿名 様 …………………………………………………  5,000 円
一般社団法人active support
    株式会社 フローラ 様 ……………………… 500,000 円
水無月会 様 ……………………………………………  1,818 円
女の子会 様 ……………………………………………  29,904 円
玲和会 様 ………………………………………………   8,100 円
大新町5 丁目長寿会 様 ……………………………… 30,000 円
匿名 様 ………………………………………………… 10,000 円
三木忠裕 様 ……………………………………………   5,000 円
(公社)飛騨法人会女性部会 様 ……………………… 150,000 円
乗鞍国際観光株式会社 様 …………………………… 200,000 円
ひだ笑いヨガクラブ 様 …………………………………  5,200 円
匿名 様 ………………………………………………… 10,000 円
 
災害支援の協定を締結
公益社団法人高山青年会議所
高山ライオンズクラブ
高山
城ライオンズクラブ
 7 月13 日に、本会と公益社団法人高山青年会議所との間で、「災害時等における協力体制に関する協定書」を締結しました。災害が発生してボランティアが活動を開始した際、人材の派遣や必要な資機材の提供等を行っていただく協定内容となっています。
 また、8 月27 日には、本会と高山ライオンズクラブ及び高山岊城ライオンズクラブの三者による「自然災害発生時における災害ボランティアセンター支援に関する協定書」の調印式を行いました。災害ボランティアセンター(VC) が立ち上がった際、車両や活動拠点の設備等の提供、及び会員の専門性を生かした物的・人的支援等を行っていただくこととしています。
 今回、本会と協定を締結した三団体には、これまでも様々な事業で支援や協力をいただいております。加えて今回の協定により、本会が運営する災害VC に対し、人材及び物資の両面から強力なご支援をい
ただけることとなりました。
 市内でも、毎年のように大きな自然災害が発生しています。住民の皆さんに安心して暮らしていただくためにも、平常時の情報交換や連携を含めて、様々な形で協力を得られる体制が整ったことはたいへん喜ばしく、また心強く思います。
写真画像 写真画像
高山青年会議所 伊藤 惟会長(左)
高山市社会福祉協議会 窪田 哲会長(右)
高山ライオンズクラブ 柚原 雅樹会長(左)
高山城ライオンズクラブ 森本 禎人会長(右)
高山市社会福祉協議会 窪田  哲会長(中央)

 今年も10月1日より赤い羽根共同募金が始まります
みなさまのご協力をおねがいします
みなさまからのあたたかい善意は、民間の福祉施設・福祉団体への助成や、ひとり暮らしの高齢者の方や障がいのある方などが安心して暮らせるまちづくりなど、さまざまな形で役立てられています。
 
共同募金はみなさまに様々な形でご協力いただいています。

戸別募金

町内会を通じて各ご家庭にお願いし、ご協力いただいております。

法人募金
市内の法人・事業所にお願いし、ご協力いただいております。

職域募金
市内の事業所にお願いし、職域単位でお願いしています。

学校募金
市内の学校に依頼し、実施しています。

その他
赤い羽根ポスター
赤い羽根協力店に設置してある募金箱や、バッチ募金などを通じて協力をお願いしています。
令和3年度赤い羽根共同募金ポスター画像

第55回 高山市高年者作品展の開催について 
 市内在住の60 歳以上の方を対象とし、書道・絵画・写真・手工芸・盆栽などの作品を募集し、日頃の成果の発表の場として開催します。
作品の出品に関しては下記までご連絡ください。
イラスト画像開催日時 令和3年11月17日(水)・18日(木)
       午前9時30分~午後4時
場  所 高山市民文化会館3階講堂
募集作品 ①絵画 ②書道 ③彫刻 ④写真 ⑤手工芸
    ⑥生花 ⑦立華 ⑧盆栽 ⑨収集品 ⑩文芸など
主  催 高山市連合長寿会
共  催 高山市・高山市社会福祉協議会 

問い合わせ先 高山市連合長寿会事務局(高山市社会福祉協議会)
                        担当 志水・小笠原  電話(0577)35-0294 FAX(0577)34-6736
 
 市民公開講座
~自分の望む場所で幸せに暮らし続けるために今、考えておきたいこと~
日 時 令和3 年10 月23 日(土)写真画像
午後1時30 分~ 3 時30 分(午後1 時 開場)
会 場 こくふ交流センターさくらホール
入場無料 定員250 名(事前申込制 先着順)



講演会:「 老いは文明のスキャンダル !?
      幸福な老いとACP について考えよう」
講 師: 特定医療法人生仁会 須田病院 垣内 無一 先生


ACP とは?(アドバンスケアプランニング)
 もしものときのために、自らが望む医療やケアについて前もって考え、話し合い、共有すること
今から知っておくと安心!
サービス・制度の紹介&ひざ腰予防体操体験もあります
申込み先 高山市社会福祉協議会 国府支部
電話
(0577)72-4426
申込期間 10月1日(金)~10月15日(金)
イラスト画像 
 本講座は、新型コロナウイルス感染症対策を実施して開催します。
なお、感染拡大の状況により中止となる場合もあります。
主催:高山市福祉関係団体等連絡協議会 高年者部会

問い合わせ先 高山市福祉関係団体等連絡協議会
担当 : 小林・大西・小笠原 電話(0577)35-0294 FAX(0577)34-6736  
 
 
HitsFM 76.5MHz〈ヒッツFM〉高山市社会福祉協議会だより
社会福祉協議会の事業紹介やイベント情報などをHitsFMの76.5MHzにてお届けしています。
● 本放送 毎週火曜日 9:30~
● 再放送 毎週木曜日 18:12~

● 再々放送   日曜日 午前
児童センター・児童館
どの行事も、消毒を徹底するなど感染症対策に万全を期して実施しました。
【昭和児童センター】   電話35-0294

 「小学生 クライミング体験」

 8月11日、ハイマウントにて、山越政樹先生に教えていただきクライミングを体験しました。最初は登れなかった壁もコツを教えてもらうことで両手足を上手く使って登ることができるようになり、先生からのミッションにも挑戦していました。
できるようになると、どんどん楽しくなり、あちらこちらから『やったー!』『見て!』と歓声が聞こえ、心も身体も大満足の一日でした。最後には『先生は上手なのにどうしてオリンピックにでないの?』などという可愛い質問も聞かれました。

写真画像
 【城山児童センター】   電話32-0674

「小学生 紙飛行機を飛ばそう!」


 8月10日、空町まちづくり協議会共催「紙飛行機を飛ばそう!」を行いました。飛騨・高山紙飛行機を飛ばす会の方4名に教えていただき、スチレンペーパー製の紙飛行機を製作しました。小学生たちは、思い思いのデザインで色を塗り、オリジナルのスチレングライダーを完成させました。当日は、雨が降っており外で飛ばすことは出来ませんでしたが、館内で夢中になってグライダーを飛ばしていました。「どうやったら上手く飛ぶのかな?」「楽しかったね!」等と初対面だった子たちが話す姿もあり、短い時間でしたが充実した時間となりました。
写真画像
【山王児童センター】    電話36-2090

「おばけパーティー」」

 8月12日に幼児親子と小学生を対象に「おばけパーティー」を行いました。
 おばけ役の中学生ボランティアと一緒にミニゲーム(おばけのしっぽとり、おばけめくり、おばけさがし)と、おばけの紙芝居を楽しみました。
おばけのしっぽを一生懸命追いかけ、「とれた!」「やったー!」と嬉しそうな子ども達の姿や参加者同士で「がんばれ!がんばれ!」と応援する姿が見られ、笑顔いっぱいの「おばけパーティー」となりました。
 幼児親子、小学生、中学生と幅広い世代が交流を深めることができ、夏休みの良い思い出となりました。
写真画像
【ふれあい児童館】   電話36-5855

「幼児親子 水遊び」
   
 7月中旬、少人数での水遊びを楽しみました。室内での絵の具あそびの後、テラスで衣装ケースとベビーバスに水を張り、ジョーロを使っての水遊びです。道具はたくさんありませんでしたが、ジョーロやペットボトルに水を入れて思い思いの遊びが展開されました。コロナ禍、いろいろな制限はあるものの、楽しそうに遊ぶ幼児一人一人の姿に笑みがこぼれました。

写真画像
【国府児童館】   電話72-5261

「絞り染め体験」

 8月12日小学生と幼児親子を対象に「絞り染め体験」をしました。お子さん用の白いTシャツを輪ゴムや紐を使って絞り、染料につけます。
今回は、新型コロナウイルス感染防止対策として、1家族ずつペットボトルの容器と割りばしを使って取り組みました。それぞれ絞り方や選ぶ色が違うので、図柄は解いてみないと分かりません。どんな模様も世界に一つだけの特別な絞り染めです。皆さん、仕上がりを楽しみにしながら体験されていました。

 高年者・障がい者 陶芸教室のお知らせ
 はじめての方でも大歓迎!陶芸ボランティア『お茶わんクラブ』の皆さんに丁寧に教えていただきます。
 
日 時 10月 ①  7 日(木)【成形】
        ② 12 日(火)【高台づくり】
        ③ 21 日(木)【絵付け】
         ④ 28 日(木)【作品完成】 全4 回
       各 回 午後1 時30 分~午後3 時30 分

場 所 総合福祉センター(昭和町) 3階技能習得室
対象者 高山市内に在住の60 歳以上の方又は障がいのある方
定 員 10 名(定員を超えた場合は抽選となります。)
持ち物 エプロン、タオル、汚れてもよい服装
参加費 1 人500 円(粘土、釉薬等の材料代)
協 力 お茶わんクラブ(陶芸ボランティア)のみなさん
陶芸作品写真画像
問い合わせ先 高山市社会福祉協議会 担当 小笠原・都竹
電話(0577)35-0294 FAX(0577)34-6736
9 月30 日(木)までにお申し込みください

シニア講座「健康踊り教室」 
 音楽に合わせて楽しく身体を動かし健康づくり!
日 時 9 月29 日(水)、10 月6 日(水) 午前10 時~ 11 時30 分
場 所 総合福祉センター(昭和町) 3 階作業室イラスト画像
対象者 高山市内に在住の60 歳以上の方
定 員 20 名(定員を超えた場合は抽選となります。)
持ち物 運動しやすい服装・靴、飲み物、タオル
参加費 無料 


問い合わせ先 高山市社会福祉協議会 担当 小笠原・都竹
電話(0577)35-0294 FAX(0577)34-6736

 ストリートダンスに手話を取り入れた!
UD ダンスレッスン♪
 UD ダンス(ユニバーサルデザインダンス)の創始者として注目されている北村仁さんを講師にお招きし、星野源さんの『アイデア』の振り付けをレッスンして頂きます。
老若男女、障がいの有無に関わらずどなたでも楽しんでいただけます!
座ったままでの参加、リズムを感じるだけでも大歓迎!!
日 時 11 月21 日(日)
午前10 時~ 11 時30 分(午前9 時30 分 開場)イラスト画像
場 所 高山市立南小学校体育館
(自宅からオンラインにて参加も可)
対象者 どなたでも
参加費 無料
詳しくは下記までお問い合わせください。

問い合わせ先 高山市社会福祉協議会 担当:都竹・小笠原
電話(0577)35-0294 FAX(0577)34-6736
共催: 高山市社会福祉協議会・高山市福祉関係団体等連絡協議会
HIDA ともにフェス×実行委員会
後援: bee ダンススタジオ・高山市・飛騨市・下呂市・白川村・飛騨市社会福祉協議会・
下呂市社会福祉協議会・白川村社会福祉協議会・飛騨圏域発達障害支援センターそらいろ
 画像 手話を取り入れたUDダンス講師情報
 
 

このページのトップへ戻る

「福祉のまち」トップページへ戻る