「福祉のまち」 No.224
令和3年(2021)1月15日発行

 
謹賀新年
新年のごあいさつ
「安心して暮らせるまちづくりを」
高山市社会福祉協議会
会 長 西 永 由 典
 あけましておめでとうございます。西永会長写真画像
 昨年から続いています、新型コロナウイルス感染症(以下感染症)の影響でいつもとは違う新年を迎えられたと思いますが、昨年賜ったご支援、ご協力に感謝を申し上げるとともに今年もよろしくお願いいたします。
 昨年は感染症に加えて豪雨災害も発生しましたが、これからは予想できない時代に入ることを覚悟しなければならないと思います。
 特に、人と会うことや会話をすることを出来るだけ避け、出かけることも控える状態が続いています。一日も早く感染症の終息を望んでいるのが現状です。これからは、新しい生活様式のなか、福祉のあり方も変化せざるを得ないと考えます。地域の中で不安を抱えて生活しておみえの方々に寄り添いあうことを基本に取り組んできましたが、これからは、感染症防止対策を充分に講じながら、三密を避け、新しい支援体制について様々な情報を取り入れ、支援が必要な方々に寄り添い、安心して暮らして行ける仕組みづくりこそが、福祉に与えられた重要な使命であると思います。
 そうした課題を意識し令和3年は、①子育て支援では、昨年、国府児童館を受託し子育てに係る地域の拠点となるよう事業を進めて来ました。今後は、感染症対策を講じながら、子どもの健全育成や児童館の利用促進を図り子供の行動や、親の対応に気を配りながら福祉の観点から放課後児童クラブなど、他団体、地域と連携し相談や支援体制の充実を図ります。また夜間保育所についても安心して利用して頂けるよう努力します。②障がい者(児)福祉では、感染症の影響で外出や事業への参加が困難な皆さんに、多くの情報を伝えたり、ボランティア団体や施設と連携し同行支援などで地域参加ができるような工夫を重ねながらより充実した支援と制度改正による総合的支援に取り組んでいきます。③高齢者福祉では、人口減少と共に高齢化も進み、老々介護や長寿会員などの加入者が減少し続けています。これからは、地域の中で健康教室や認知症予防教室などに参加し、地域の一員として、生きがいを持って活動できるよう進めます。また、日々の生活に不安を抱えてみえる方も沢山みえますが、あんしんして暮らせる仕組みづくりが急務であると考えます。
 このため、相談窓口の充実など、関係機関や地域(町内会・まちづくり協議会など)と連携し見守りの体制を強化して行きます。また、国の制度に基づき日常生活自立支援事業や、成年後見事業も充実していきます。④相談支援事業では、福祉サービス総合相談支援センター窓口業務が年々相談者や支援が必要な方が増えており出来るだけ相談者の思いに沿うように日々担当者は努力しています。また昨年3月から始まったコロナ禍における国の制度で、生活にお困りの方々の支援として生活福祉資金・特例貸付制度は500件あまりの申請があり、貸付の期間が今年3月の予定となっており、引き続き他の制度と合わせて支援に取り組んでいきます。⑤災害に強いまちづくりを目指して、災害ボランティア支援センターの開設や避難所支援など、平成16年に高山市で発生した水害による被害や東日本大震災を教訓に、行政はもとより、関係機関やボランティアの皆さんと充分に連携し、活動を行って来ましたが、これから先、いつ発生するとも分からない災害時に備えて、今以上に強化して行きます。
 この様な事業を推進するため、地域の支えあいが、活動の基本になっていますので、その中心を担う社会福祉協議会の活動が益々重要になって行きます。子育てから、障がい・一人親家庭・高齢・生活に不安を抱えておみえの皆さんに、地域や施設など、あらゆる団体と連携し、生活支援体制整備事業を視野に地域福祉の推進に取り組んで行きます。
課題の多い一年になることも予想されますが、これまでのご協力に感謝を申し上げ新年のご挨拶といたします。
 
 『まちがいさがしをやってみよう!』こたえと当選者発表‼
 135 通のご応募いただき、ありがとうございました。
抽選の結果、当選された15名様には記念品を郵送させていただきました。

【記念品当選者15名】(順不同)
上保木玲子/花田京子/須田裕子/柚村勝平/坂下清治/中井浩幸/駒屋賢治/谷口喜代子
苅屋 晃/船渡百合子/間宮 敦/田川あや子/川田洋子/中村京子/髙橋美津子
【こたえ】
◦いも虫の向き  ◦男の子の舌   ◦おじいさんのめがね  ◦愛ちゃんの引張っているつるの葉っぱの数
◦スコップのミミズ   ◦おばさんの持つおイモの数   ◦カラスの目
 
 令和3年度 高山市社会福祉協議会職員募集要項
 採用区分、採用予定人員及び受験資格 職種区分 一般職(社会福祉士)採用予定人員 若干名 受験資格 社会福祉士又は社会福祉士資格取得見込の方
 お問い合わせ、書類提出先
〒506-0053 高山市昭和町2-224
社会福祉法人高山市社会福祉協議会 経営企画課 宮本
電話〈0 5 7 7〉3 7 - 5 5 1 2
赤い羽根画像赤い羽根共同募金にご協力ありがとうございました
歳末たすけあい事業
歳末たすけあいイラスト画像 歳末たすけあい配分事業として、市内の障がい児・者世帯、高齢者のみの世帯、ひとり世帯、その他低所得の世帯の方々に義援金を基準に応じて配分しました。
  また市内の福祉施設、NPO 団体、子育て支援団体、ボランティアなどへ歳末に行われる事業費として13団体へも助成させていただきました。
数多くの団体や個人の皆様から募金をお寄せいただき配分事業を行うことができ、ありがとうございました。
歳末たすけあい施設及び団体配分一覧(事業費配分)表画像 

介護予防室からのお知らせ
 コロナ禍で感染を防ぐため外出をしないで家にこもるなど、運動や外出の機会が減少すると同時に認知機能も低下してしまいます。
 この時期に認知症予防教室に参加してみませんか。(感染防止対策や検温を行なった上で開催致します) 
日  時 1回目 1月19日(火)認知症予防についての学習と脳トレー二ング
      2回目 1月26日(火)食事についての学習と脳トレー二ング
時  間 どちらも午前10時~11時30分
場  所 総合福祉センター
参加方法 事前申し込み(前日まで)、参加無料、認知症の診断を受けてない方
写真画像  写真画像

 東日本大震災 復興応援企画
幸せの黄色い花プロジェクト2021
~遠く離れたこの地でもできることがある~
  幸せの黄色い花プロジェクトは東日本大震災の復興応援として開始し、今回で10 回目を迎えます。あの日のことを月日が経つことで忘れてしまわないように、災害について日頃から考えられるようにとの想いから今年度も実施いたします。
  当日につきましては、下記の内容にて小規模での開催を予定しています。
○ 菜の花の種とミニひまわり種の配布と種まき(3月11日~開始)イラスト画像
→ 高山市内で育てて採れた種を総合福祉センターに持ち寄り、後日岩手県大槌町へお送りします。
  昨年、皆さまからお預かりした菜の花の種(132g) を今年も送らせていただきます。

どなたでもご参加いただけます!
一緒に菜の花やひまわりを咲かせてみませんか? 
写真画像    写真画像
❖日 時 令和3年3月11日(木)
❖場 所 高山市総合福祉センター 駐車場他
❖持ち物 特にありませんが、新型コロナウイルス感染症対策にご協力下さい。
天候に関わらず実施しますので、暖かい服装でお越し下さい。
❖主 催 高山市ボランティアセンター 
 
 福連協高年者部会 第2回市民公開講座を開催しました
~自分の望む場所で幸せに暮らし続けるために今、考えておきたいこと~
 昨年、10月24日(土)荘川総合センターにて「自分らしく生き抜くために~ ACP とは~」という演題で荘川診療所長 熊田裕一先生にご講演頂きました。コロナ禍ではありましたが、感染予防対策を行い荘川住民はじめ計95名の方々にご来場いただきました。アドバンスケアプランニング(ACP…もしもの時のために自らが望む医療や介護について話し合っておくこと)について学び、地域における医療・看護・福祉・介護サービス事業所の紹介を行いました。
 講演冒頭には、新型コロナ感染症で本人と家族に突然訪れる「逝き方」に今関心が高まっているお話もされ、「逝き方は、生き方の凝縮である」という考えを皆が共感されました。
 昨年の久々野地域に引き続き2回目となった講演会ですが、住み慣れた地域でどう生きるかを考えたり、身近な人と話しあう大切さを感じるきっかけになりました。今後も多職種との連携を活かし、自分らしい生き方ができる地域づくりをめざしていきたいと思います。最後になりましたがご協賛・ご協力頂きました皆様に感謝申し上げます。
講座の感想(一部抜粋)
◦ ACP の事がよく分かりました。今までは元気で何も思わず過ごしてきました。今日の講演を聞いて元気なうちに考えなければと思いが変わりました。
◦ ACP の講演を聞いて母との人生会議をしたいと思いました。事業所紹介がとても参考になりました。

イラスト画像
写真画像
講演する熊田裕一先生
ACP(アドバンス・ケア・プランニング)人生会議とは??
人生の終わりまで、あなたは、どのように、過ごしたいですか?
命の危険が迫った状態になると、約70% の方が、医療やケアなどを自分で決めたり望みを人に伝えたりすることが、できなくなると言われています。
もしものときのために、あなたが望む医療やケアについて、前もって考え、繰り返し話し合い、共有する取組を「人生会議 (ACP: アドバンス・ケア・プランニング)」と呼びます。 
 
 令和2年法人会員にご加入いただきありがとうございました。
令和2年 法人会員のご紹介(PDFファイル形式)
    ↑ここをクリックしてご覧ください。
児童センター・児童館コーナー
【昭和児童センター】
電話 35‐0294

雪玉合戦
期 間 1月30日(土)
時 間 午前11時~12時
場 所 ポッポ公園
対 象 小学生10人
※昭和児童センター窓口で申し込み受付中。
定員になり次第締め切りです。


バレンタイン製作
♡ハートのガーランド♡

期 間 2月13日(土)
時 間 午前10時~11時30分
場 所 高山市総合福祉センター3階
対 象 小学生10人
※2月2日より、昭和児童センター窓口で申し込み受付開始。
定員になり次第締め切りです。


【城山児童センター】
電話 32‐0674


バレンタイン製作

期 間 2月10日(水)
時 間 午前10時30分~11時30分
場 所 城山児童センター
対 象 幼児親子6組
※1月26日より城山児童センター窓口で申し込み受付開始。
定員になり次第締め切りです。

バランスボール講座
期 間 2月13日(土)
時 間 午前10時30分~12時
場 所 城山児童センター
対 象 小学生6名
講 師 大溝 育代氏(一般社団法人 体力メンテナンス協会)
参加費 500円
※1月16日より城山児童センター窓口で申し込み受付開始。
定員になり次第締め切りです。

【山王児童センター】
電話 36‐2090

バレンタイン ハートのオーナメント作り
期 日 2月13日(土)
時 間 午後1時30分~3時30分
場 所 山王児童センター 
対 象 小学生10名・中高生10名 
※1月26日より山王児童センター窓口で申し込み受付開始。
定員になり次第締め切りです。

アロマワックスサシェ作り講座
期 日 2月17日(水)
時 間 午前10時~11時
場 所 山王児童センター
対 象 幼児親子10組
講 師 hapyclo*handmade氏
参加費 500円(材料費)
託児あります。
※2月2日より山王児童センター窓口で申込み受付開始。
定員になり次第締め切りです。

【ふれあい児童館】
電話 36‐5855

節分あそび
 ~親子で節分あそびを楽しもう~

期 日  2月2日(火)
時 間  午前10時30分~11時30分
場 所  ふれあい児童館 
対 象  幼児親子8組 
※1月15日よりふれあい児童館窓口で申し込み受付開始。
定員になり次第締め切りです。

ママ講座 アロマスプレーを作ろう
期 日  2月19日(金)
時 間  午前10時30分~11時30分
場 所  ふれあい児童館
対 象  幼児親子6組
講 師  蓑 栄理氏(mino*)
参加費  500円(材料費)
※2月2日よりふれあい児童館窓口で申し込み受付開始。
定員になり次第締め切りです。


【国府児童館】
電話 72‐5261

せつぶんあそび
期 日 2月2日(火)
時 間 午前10時~11時
場 所 国府児童館
対 象 幼児親子10組
※1月25日より国府児童館窓口で申し込み受付開始。
定員になり次第しめ切りです。


バレンタイン工作
期 日 2月13日(土)
時 間 午前10時~11時30分
場 所 国府児童館
対 象 幼児親子・小学生 5組
※1月25日より国府児童館窓口で申し込み受付開始。
定員になり次第しめ切りです。


【母子・父子福祉センター】
電話 35‐0294


マミーの相談室
期 間 2月14日(日)
時 間 午前10時~12時
場 所 高山市総合福祉センター3階
対 象 高山市内のひとり親家庭等の親子10組
講 師 金山 まゆみ氏
参加費 無料
※母子父子福祉センター窓口で申し込み受付中。定員になり次第締め切りです。


イラスト画像
温かい心遣いに、お礼申し上げます
先日夜間保育所へ匿名で寄付金を頂き大型絵本などを購入させて頂きました。
親さんの迎えを待っている間、子ども達に大きな絵本を見せるととても喜んでおり、お気に入りの一冊となりました。イラスト画像
私たち職員も子ども達との時間を大切にすることができ感謝しております。
本当にありがとうございました
飛騨農業協同組合様と飛騨の美味しいお米・
食味コンクールに参加された方々より寄附をいただきました。
 飛騨農業協同組合役職員一同様より歳末たすけあい募金へ25万円と共に、人形供養祭より10万4千5百円、飛騨の美味しいお米・食味コンクールに参加された方々より、玄米340キログラムをいただきました。市内各所の福祉団体、本会事業にて大切に活用させていただきます。ありがとうございました。イラスト画像イラスト画像 ッ写真画像
 掛川市の皆さん心温まる善意をありがとう!
 昨年7月の豪雨災害のおりに静岡県の掛川市のみなさんが集めたタオルを一枚いちまいにメッセージを付け掛川市協働遠州様より高山市のボランティアセンターにお届けいただきました。その後もアルミ缶回収などで資金を集め11月20日には「ふっこう支援掛川」の代表者4名皆さんがコロナ禍にも関わらず本会に届けて頂きました。
 このご縁を機に掛川市の子ども達も高山の文化に触れながら「高山の皆さんと交流を図りたい!」など、こころ温まる声をいただいています。
 イラスト画像
写真画像
沢山の思いが詰まった段ボール箱の前で
「高山市の皆さん頑張って!」など動画での
メッセージもいただきました。 
知れば安心!「成年後見勉強会」 
 令和2年11月27日(金)12月11日(金)に市民を対象に成年後見制度勉強会を開催しました。
勉強会は、新型コロナウイルス感染防止のため事前申込みのうえ2回に分け、講師には合同会社みかずきの牧上一成氏をお願いして講演をしていだきました。事例を活用しての制度説明は、参加者から大変にわかりやすかったとの感想をいただきました。
 今後も制度の周知に努めてまいりたいと思います。
写真画像 写真画像
福祉センターで講演する牧上一成さん
令和2年11月27日
 

このページのトップへ戻る

「福祉のまち」トップページへ戻る