「福祉のまち」 No.220
令和2年(2020)5月15日発行

 
第三あゆみ学園の移転のお知らせ
 高山市社会福祉協議会が、日赤病院前で運営していた第三あゆみ学園を、初田町の第二あゆみ学園と同じ場所に移転し、4 月から運営を行っております。
 以前は療育と放課後等デイサービス利用者が同じ空間で過ごすこともあり、場所や遊びに制限がありましたが、移転してからは壁でしっかりそれぞれの空間を確保でき、のびのび遊べるようになりました。
 
写真画像
◦左側入口(放課後等デイサービス)
◦右側入口(児童発達)         
写真画像  左矢印 放課後等デイサービスの様子

毎日、10 人の利用者が、手前の遊具で
遊んだり、奥の学習室で宿題をしたり
して過ごします。
第二あゆみ学園(療育室の様子)

建物内を壁で二つに仕切り、10 人の定員
で、トランポリンやオーシャンを使いなが
らその人に合った療育を行っています。

 右矢印  写真画像
相談業務拡充のお知らせ  お問い合わせ先
 第三あゆみ学園 TEL〈0577〉62-9294
 第二あゆみ学園 TEL〈0577〉62-8155
 高山市社会福祉協議会では相談業務の拡充を図るため、相談支援事業所を開設しました。
以前、NPO 法人ふくしの郷で行っていた、相談業務を引き継ぐ形で令和2 年4 月1 日から相談支援事業所「フレンズ」を高山市社会福祉協議会で開設しております。
利用者を第一に考えながら、利用者に寄り添いながら、支援をしてまいります。
地図画像 お問い合わせ先
 フレンズ
 営業日:月~金曜日 
      午前8:30~午後5:15
 〒506-0008
 岐阜県高山市初田町3丁目27-6
 TEL&FAX

 
〈0577〉57-8294

イラスト画像

 会員会費のお願い
 地域福祉充実のために高山市社会福祉協議会会員会費へのご協力をおねがいします。
  みなさまからお預かりする会員会費は、地域見守り推進員や命のバトン事業・地域のサロン活動など様々な地域福祉活動推進のための重要な財源です。どうかその趣旨をご理解いただき、6月1日より各町内会を通して、会費納入のお願いをさせていただきますのでよろしくおねがいします。
 主な使い途イラスト画像
◦ 新型コロナウイルス対策など地域課題に関係機関と連携し取り組む活動
◦ 地域見守り推進員活動・命のバトン事業・地域のサロン活動
◦ 高齢者や障がいのあるかたの福祉サービス利用援助・配食サービス・高齢者のつどい
◦ 地域でのふれあい交流を目的とした福祉イベントの開催
◦ 子育て支援のための相談窓口や乳幼児等子育て支援
◦ 福祉教育事業やボランティア活動推進・育成事業

 4月から社会福祉協議会が指定管理者として、
国府児童館(なつめっこ)を運営することになりました。
 「国府児童館ってどんなところ?」
  国府小学校のサブグラウンドにあり、まだ移築したてのピカピカの施設です。
木のぬくもりがあふれ裸足で過ごすお子さんも多く、天気の良い日は陽だまりテラスも人気です。
乳幼児親子はもちろん、お孫さんを連れてのおじいちゃんおばあちゃんの利用もあり、多世代で楽しめる場となっています。
 高山市国府町三日町547-1 電話(0577)72-5261
◆開館時間 4月~9月 午前9時~午後6時 10月~3月 午前9時~午後5時
◆休館日 日曜・祝日・年末年始
写真画像  写真画像
昭和児童センター TEL(0577)35-0294 城山児童センター TEL(0577)32-0674
山王児童センター TEL(0577)36-2090 ふれあい児童館  TEL(0577)36-5855
高山市社会福祉協議会 令和2年度事業計画
Ⅰ 実施方針
 福祉的課題の解決に向け、地域住民や福祉団体等さまざまな方々と協働する「地域共生社会」を基礎とし、誰もが輝き活躍できる「一億総活躍社会」に向けた住民主体の地域づくりを進めます。
 昨今、人口の高齢化、少子化に加え、経済情勢の悪化等に伴う失業や貧困、孤立家庭や社会的排除といった現代社会における課題が生じてきています。
 本会としても福祉的課題を抱えた方に対応するために、行政をはじめ専門職・他機関の包括的ケアのネットワーク構築、総合相談窓口の体制を強化し、地域課題の把握や解決を図るための地域福祉活動を様々な社会資源と連携し解決に向けて推進していきます。またケースによっては地域住民との連携の中で進める案件も増えてきています。これからはまさに地域住民との協働が増えることが予想されます。
 このような中、職員が改めて社会福祉協議会の果たすべき役割を再認識し地域力の向上のため、地域住民を含め、あらゆる関係者と協働し、「ささえあい・つながり」をキーワードに地域の実情に応じた事業や活動を積極的に展開することで、住民や地域の自立支援を地域福祉推進の要として取り組んでいきます。
【重点事業】
1. 第4次地域福祉活動計画の実施
 子どもから大人まで様々な住民と協働し「第4次地域福祉活動計画」(平成30年度~平成34年度)の計画に沿った事業を幅広く実施します。また今年度は高山市の福祉計画と照らし合わせ計画見直しを実施します。
2. 総合相談支援事業
 高山市から受託した福祉サービス総合相談支援センターは、様々な困り事を抱えた市民に利用されておりその機能を維持継続します。また地域包括支援センターでは、高齢者が安心して暮らし続けられるよう、迅速に、適正に保健・医療・福祉サービス等制度の利用につなげる取り組みを引き続き進めます。
3. 相談支援事業所フレンズの開設( 新規事業)
 障がい児・者及びその家族のニーズに応えるため、児童福祉法、障害者の日常生活及び社会生活を総合的に支援するための法律に基づくサービス利用計画の作成、モニタリング等の実施について相談支援専門員を配置して、事業所はじめ関係機関と連携して質の高いサービスの提供に努めます。
4. 子育て支援事業
 高山市から受託した昭和・城山・山王児童センター、ふれあい児童館の管理運営を適切に行い地域の居場所づくりを各種団体と連携し、地域ぐるみで子育て支援に積極的に取り組みます。
 また新たに国府児童館の管理運営を受託することに伴い、地域の子育てサークル等とも連携し安心・安全で愛情ある児童の健全育成に努めます。
5. 生活支援体制整備事業
 地域の自立のために、事業から生まれる社会資源等を通じて交流を深め、住民の方々と情報を共有し、住民主体の支え合い活動が市域全域で展開されるように、住民を中心としたボランティア、NPO、民間企業、社会福祉施設等の多様な事業主体と共にその地域に適した支え合い活動を地域福祉活動ととらえ実践していきます。
 支所に広がる本会事務所を推進する単位と捉え、住民と協働する中で住民の協働を地域福祉活動として実践していきます。
6.組織運営、経営基盤体制の整備
 社会福祉制度改革を進める上で透明性・公益性を確保し多くの住民の方々に参加協力してもらえるよう分かりやすい情報発信を進めます。
 また、児童発達支援事業利用者が安心して継続的なサービスが受けられるよう、経営安定化に努めます。

マスクの寄附をありがとうございました。


『片野健康教室』『高山友の会』の皆さんより、
マスクの寄附を多数いただきました。
コロナ感染防止のため、有効に使わせていただきます。
ありがとうございました。
写真画像
多くのお気持ちをありがとうございます。


 
フローラ社会貢献団体㈳アクティブサポート様より「社会福祉事業に使って下さい」と50 万円のご寄付をいただきました。
毎年ご寄付をいただき、今年で 3 回を数えます。
本会が取り組む社会福祉事業に有効活用させていただきます。
写真画像 
 
 新型コロナウイルス感染防止に係る善意をありがとうございました。
   
 公益社団法人高山青年会議所(理事長 中西政太)様より、福祉関係施設(85 施設)に高山市を通じて会議所のメンバー、一人ひとりの思いを胸に5,000 枚のマスクをいただきました。各施設ではマスク不足の中、大変喜んで受け取っていただきました。コロナウイルスが終息する事を願い施設を代表して御礼申し上げます。

写真画像
 高山信用金庫(理事長 坂口秀平)様より「感染対策に役立てて下さい。」と 220 本の電子体温計をいただきました。
 この体温計は飛騨市・下呂市・白川村の社会福祉協議会や、高山市内の障害児(者)の施設や高齢者のイラスト画像グループホーム、訪問支援が必要な相談支援窓口等で使わせていただきます。
写真画像
 こんな今だからこそできることがある
  高山市ボランティアセンターの登録団体「給食ボランティア 菜の花会」が4/21(火)、22(水)に菜の花弁当のご利用者を対象に訪問活動を実施しました!

 菜の花会の会長からは、菜の花会の会員の「こんな今だからこそ実施したい」という想いから今回実施に至った。今回、お宅を訪問した際には普段よりも多く喋りかけてもらえたり、良い表情を見ることができたため、こちらも元気をもらうことができた。5月中の活動も休止となりましたが、一緒に「菜の花会」で活動をしたいと思った方はぜひ声を掛けてください!と話されました。
 活動をしてみたいと思われた方は「社会福祉協議会TEL(0577)35-0294」でも、菜の花会へお繋ぎいたしますので、ぜひお声かけください。
写真画像 写真画像

令和2年度 高山市社会福祉協議会予算(PDFファイル形式)

HitsFM 76.5MHz〈ヒッツFM〉高山市社会福祉協議会だより
社会福祉協議会の事業紹介やイベント情報などをHitsFMの76.5MHzにてお届けしています。
● 本放送 毎週火曜日 9:30~
● 再放送 毎週木曜日 18:12~

● 再々放送   日曜日 午前
 外出の自粛制限から1ヶ月…
元気シニアにちょっと健康アドバイス
 「あなた」や「家族」の状態で当てはまるものに○をつけてください。
 1 あなたの現在の健康状態はいかがですか
   ①よい ②ふつう ③あまりよくない➡ 健康状態がよくないと体の免疫力の低下や衰えやすさに繋がります。
 
 2 1日3食きちんと食べていますか
  ①はい ②いいえ➡ 栄養の偏りや欠食を改善しましょう。食事は規則正しい生活リズムにもなります。
 
 3 お茶や汁物等でむせることがありますか
  ①はい ②いいえ➡ 食事の偏りでかむ力・飲み込む力が落ちると、誤嚥性肺炎になる恐れがあります。
 
 4 週に1回以上運動をしていますか (ウォーキングや体操など)
  ①はい ②いいえ➡ 筋肉量や筋力を維持するには運動が不可欠です。また転倒予防にもなります。
 
 5 体調が悪いときに、身近に相談できる人がいますか
     ①はい ②いいえ➡ 身近に相談や助けを得られる方と繋がりを持ちましょう。心は体の健康を守ります。
 
 参考資料:厚生労働省「後期高齢者の質問票」
 “2週間の寝たきりにより失う筋力量は7年間失われる量に匹敵する”と言われます。イラスト画像
筋力は、足の筋力から低下し始めます。全身の筋力量の約7割は足に集中しています。
たった10分、されど10分。体を動かしていることを意識することが気持ちの張りにもなりますよ。
 【お知らせ】 健康体操は、社会福祉協議会のホームぺージのHitsFM76.5Mz「高山市社会福祉協議会だより」からお聴きいただけます。
自宅でぜひ体操してみてください。 ◆お問い合わせ先 介護予防事業室 電話35-0294 

  ハートアニメーション画像高山市社会福祉協議会へ
心あたたまるご寄付ありがとうございました

(2月22日~4月13日)
◆社会福祉事業のために   イラスト画像
▽   5,000 円 ……………………………………………  山東 悦子 様
▽ 20,000 円 ………………………………………………… 進栄会 様
▽ 10,000 円 …………………………………………………… 匿名 様
▽ 13,000 円 …………… 県退職教職員高山支部米寿同窓会一同 様
▽600,000 円 ………………………………………… 飛騨信用組合 様
▽   5,000 円 …………………………………………………… 匿名 様
▽   5,000 円 …………………………………………………… 匿名 様
▽ 10,000 円 …………………………………………   保険タイム㈱ 様
▽ 50,000 円 ………………………………………………   田中 悟 様

 長野県令和元年台風第19号災害義援金 合計金額  667,929円 令和2年3月末
◦飛騨トレッキング倶楽部 96,000円    (※敬称略)  
平成28年 熊本地震義援金 合計金額 12,812,162円 令和 2年3月末現在
◦ごっつおや 20,185円  (※敬称略)  

ふれあい児童館へ
おもちゃの寄贈をいただきました。
 
写真画像
令和2年3月、ふれあい児童館に来館されていた
山田様よりおもちゃ等の寄贈頂きました。
ありがとうございました。
イラスト画像 
 
あんきな まちかど スペース「よって館 花里」
 4月1日 天満町から花里町に移転オープンしました
開館時間 午前9時~午後5時
休館日 日曜日
場 所 高山市花里町3丁目8番地(カマタニビル1階)
T E L 090-5627-4447
※電話番号変わりました。 
こんなことやっています 
◦健康体操  ◦お茶べりサロン
◦趣味活動(折り紙・手芸・編み物など)
◦コミュニケーション麻雀サロン など…
~毎月予定表にて1ヶ月の内容をお知らせしています~
(各よって館・総合福祉センターの掲示またはホームページをご覧いただき、お問合わせ下さい)

その他、色々な利用ができます
◆ 仲間と趣味の時間 ◆ お友達とゆっくりお話
◆ 健康づくりの体操  ◆ ミニ会議
◆ トイレ休憩・おむつ交換 などなど… 

イラスト画像イラスト画像イラスト画像
よって館花里写真画像
♪多世代でどなたでも寄っていただける場所です。
♪ぜひお気軽にご利用ください。

このページのトップへ戻る

「福祉のまち」トップページへ戻る