「福祉のまち」 No.219
令和2年(2020)3月15日発行

 
ボランティアセンターより 
   ボランティアセンターにて、「あそびの工房 もくもく屋」事務局長でコミュニケーションデザイナーの田川雅規(たがわまさのり)さんをお招きし、各種講座を実施しました。
※あそびの工房 もくもく屋HP → https://mokumokuya.net/
〈2月16、17日開催のボランティア入門講座〉(約40名参加)写真画像
子どもからシニア世代、障がいがあっても認知症を患っていたとしても、心を動かし「一歩」踏み出す事が周りの笑顔につながる。また、少しのサポートやあえて手をださないことで活躍できる方がいるということを学びました。
〈2月18日開催のレクリエーション講座〉(約80名参加)写真画像
「福連協地域づくり部会」と「JA ひだ助け合い組織 山びこの会」の共催で実施しました。
各種集いの場(サロン・通いの場など)の関係者を対象に、活動がこれからも自分らしく、無理なく、地域住民の憩いの場として継続的に活動できる為の『活力』を楽しく学びました。
 
2 つの講座を通じ、「ちょっとした心くばり」によって、『笑顔』になる方が周りにたくさん居るということ、年齢や状態、場所は関係なく、どんな方でも少しのきっかけやサポートにより『出番・役割』が生まれることを再確認しました。
『自分も何かしてみたい』『ボランティアに興味ある』『憩いの場を近所で創りたい』と思われた方、社会福祉協議会の地域福祉課までお気軽にお声掛けください!
●代表番号〈0577〉
35-0294
 
活躍・出番・役割図

赤い羽根共同募金にご協力ありがとうございました
 昨年10月1日から12月31日まで実施しました、共同募金運動に皆様より多くの善意をお寄せ頂きありがとうございました。お寄せいただいた募金は、市内の福祉活動はじめ社会福祉施設やNPO団体等が行う地域の福祉活動に役立てられます。 
愛ちゃん・希望くんイラスト画像 共同募金運動で集まった募金額

 ハートアニメーション画像高山市社会福祉協議会へ
心あたたまるご寄付ありがとうございました

(12月20日~ 2月14日)
◆社会福祉事業のために  
▽   3,000 円 …………………………………………  西校区 あやめ会 様
▽  43,000 円 ………………………………………  飛騨農業協同組合 様
▽  77,845 円 …………………………………………………    きくのや 様
▽  20,000 円 ………………………………………………………  匿名 様
▽    4,000 円 ……………………………………… ひだ笑いヨガクラブ 様
▽ 100,000 円 ……………………………  高山市職員労働組合連合会 様
▽   1,000 円 ………………………………………………………  匿名 様
▽   30,000 円 ………………………………………………………  匿名 様
▽   20,000 円 ……………………………   岩畠玲子和装学院 玲和会 様
▽     5,000 円 …………………………………………………… 五笑会 様
▽   61,464 円 …………… 岐阜県中古自動車販売商工組合 飛騨支部 様
▽   10,000 円 ………………………   高山市子ども会育成連絡協議会 様
▽  100,000 円 ……………   OKB 社会貢献クラブ キャプテン藤本正紀 様
 イラスト画像

株式会社大垣共立銀行OKB社会貢献クラブ様より
ご寄付いただきました。
株式会社大垣共立銀行OKB社会貢献クラブ様よりご寄付いただきました。写真画像
 大垣共立銀行OKB社会貢献クラブの活動の一環として、クラブの収集活動による使用済み切手等ならびにリサイクル活動による収益金を寄付していただきました。

•使用済み切手 20キログラム
•使用済みプリペイドカード 4,000枚
•書き損じハガキ 200枚
•現 金 100,000円
 

児童センター・児童館ってこんなところです。気軽に遊びにきてください。
4つの児童センター・児童館、子育て支援に取り組んでいます。
昭和児童センター
「わらべうた」
1 月下旬に、わらべうたの会の皆さんをお招きし、親子でわらべうたを楽しみました。
飛騨のわらべうたや馴染みのある遊び歌に合わせて、お手玉や手作りのおもちゃを使ってたくさん遊ぶこイラスト画像とができました。温かみのある歌い手の声に包まれながら、親子でわらべうたの良さにふれる素敵な時間となりました。
 
城山児童センター
 「小学生:トマト収穫体験と夏野菜カレー作り」写真画像
夏休み、小学生15 名(1 年生~ 6 年生) は、丹生川町のトマト農家さんにご協力いただき、トマトの収穫を体験させていただきました。
トマトの種類や育て方のお話を聞いた後は、実際に収穫体験です。夏の暑さの中、トマトを収穫する大変さと、赤く色づきツヤツヤとしたトマトを収穫する喜びを味わうことができ、大変貴重な機会となりました。次の日には、学年混合でグループに分かれ、協力して夏野菜カレーを作りました。前日に収穫したトマトがたっぷり入った夏野菜カレーは、とっても美味しく、皆おかわりをしていただきました。
高山の産業に触れ、異年齢交流を楽しむことができ、とても充実した2日間となりました。
 
山王児童センター
「地域交流 折り紙教室」
山王児童センターでは、小学生を対象に「よって館宙」との地域交流を年3 回行っています。
季節に合わせた作品を来館者の方から教えて頂き、多世代交流を深める機会となっています。
作品を作ることで達成感を得ることができ、参加者同士の校区や学年を越えての交流ができました。
自分たちで作った作品を手にして満足気な表情が印象的でした。
 
ふれあい児童館
写真画像 「節分あそび」イラスト画像
地域ボランティアの協力のもと毎年恒例「節分あそび」を行
いました。今年は幼児が桃太郎、地域の方が猿や犬キジになり一緒に鬼退治をしました。鬼が出てくると泣く子や勇敢に鬼に向かい豆を投げている子もおり、とても盛り上がりました。
また、デイサービス利用者も参加し、笑顔あふれる時間となりました。
 
 お問い合わせ
昭和児童センター (高山市昭和町2-224) 35-0294  城山児童センター (高山市堀端町94) 32-0674
 山王児童センター (高山市森下町1-401) 36-2090  ふれあい児童館 (高山市名田町3-1-3) 36-5855
〈開館時間〉 4月~9月9:00~18:00  10月~3月9:00~17:00 〈休館日〉 月曜日・祝日

※ふれあい児童館 通年 9:00~17:00
~誰でも困ったこと不安なことを相談できる窓口~
高山市福祉サービス総合相談支援センター
❤秘密厳守  ❤相談無料
 生活上のご相談、福祉・介護サービス、在宅医療に関するご相談を経験豊かな相談員がお伺いします。
 ご本人はもちろんのこと、ご家族等からの相談もお受けします。
◆ 一般の生活相談(なんでも相談)
 生活上の困りごと・悩みごとなどイラスト画像
◆ 障がい児者相談
 障がい児者、難病等の方の生活・仕事のことなど
◆ 生活困窮者の相談
 ずっと家にいて社会に出るのが不安・働きたいけど今一歩が踏み出せない・ 借金があり家計(家賃・生活費など)のやりくりがうまくいかないなど
◆ 高齢者の相談【地域包括支援センター】
 概ね65歳以上の方の、暮らし・介護・福祉・保健・医療のことなど
◆ 在宅医療サポートセンター
※在宅医療・介護関係者向けの相談窓口です
※ ご相談は高山市役所本庁・支所内の窓口(相談室あります)にお越しいただくか、お電話等によりお気軽にご相談ください。
【開設時間】 平日午前8時30分から午後5時15分
【電話番号】 〈0577〉35-3002  【FAX番号】 〈0577〉35-3165
【所在地】 〒506-8555 高山市花岡町2-18 高山市役所1階福祉課内
 または、高山市役所各支所内(支所ブランチ)

 
  ~地域の皆さんによる支え合い活動~
地域見守り推進員の活動をご紹介します 
◆お互いを気にかける地域へ
 「向こう三軒両隣」の関係など、ご近所同士の距離が近かったころから見ると、現在はプライバシーの観点からも一歩引いた距離での付き合い方も多くなっているようです。そうした流れの中で、地域で根付いている‘お互いさまの関係’が浸透していくように、普段から「お互いを気にかける」ことが益々大切です。
 その為の活動の一つとして、町内会を通じ、地域の方に民生児童委員と協力し地域を見守っていただけるようお願いしております。
この活動を通じ、今後も住み慣れた地域で安心して暮らせる地域を目指しています。
◆地域見守り推進員の主な活動
● 民生児童委員と話し合い見守りを行う。
● 見守りは、訪問や声かけ、状況把握など、状況を確認してもらうこと(気にかけてもらうこと)が主な活動。
その際心配事など、必要に応じて民生児童委員や社会福祉協議会等に連絡。
● 地域の実情に合わせ、班と連携した見守りやお茶飲みサロン等の集いや季節行事等に参加し、地域交流を通じた見守り活動を実施。
◆活動事例(地域見守り推進員より)
● 毎週、住民が集まる場があり、一緒にお茶を飲み世間話をしながら確認しています。
● なかなか本人に会えなかったが、隣近所の方から「元気ですよ」と聞き、近隣の見守りも確認できました。
● 日中は見守り活動がなかなかできないが、夜散歩をしながら、さりげなくポストや家の電気の確認をしています。
◆地域見守り推進員の位置づけと見守り環境図
地域の集いの場、ご紹介します
イラスト画像イラスト画像
 ~大好きな“歌”でつながる~
千島長寿会「カラオケ同好会」♬

会 場:千島会館(高山市千島町)
開催日:月3回程度(火曜日)
時 間:午後1時30分~
 千島長寿会は色んな種類の集いの場を開催しており、その中の一つがこの『カラオケ同好会』です。
「歌好きの方が集まれる場が欲しいな」「それなら会館でカラオケやろうか」と、長寿会の皆さんが、自ら発案し実施しています。
自分が唄う順番になるのを待ち焦がれながら、合いの手を入れ、一緒に唄い、笑いの絶えない時間を過ごしています。
楽しみたいと思うことを、仲間と一緒に計画し、誰もが通える場所で行う、という“ 居場所の秘訣” を学ばせていただきました!!
お問い合わせ先:地域福祉課 TEL
35-0294
写真画像 写真画像
会場に近づくにつれ“いい声”が聴こえてきます♪ 歌のメニューも自作です!

飛騨高山
グラウンド・ゴルフ倶楽部
令和2年度より開所時間・定休日・協力金を下記のとおり改定させていただくことになりました。
大変申し訳ざいませんがご了承のほどお願い申し上げます。イラスト画像
今後とも、変わらぬご愛顧を賜りますようお願いいたします。
開所期間 4 月1 日(水)~ 11 月30 日(月)
※定休日 毎週月曜日
開所時間 8:30 ~ 16:30
場  所 高山市岡本町4 丁目7-1
協力金 一般 400 円 はつらつ会員 250 円 連合長寿会員 300 円 
     学生(小学生以上) 300 円
※いずれも2 ラウンド分
※ 1 日利用 1,000 円
用具貸出 用具3点セット(クラブ・球・マーカー)250 円
予約について 3月23日(月)から受付します。
総合福祉センター(TEL:35-0294)へご連絡下さい。
●お問合わせ 高山市社会福祉協議会地域福祉課福祉係 TEL
35-0294
HitsFM 76.5MHz〈ヒッツFM〉高山市社会福祉協議会だより
社会福祉協議会の事業紹介やイベント情報などをHitsFMの76.5MHzにてお届けしています。
● 本放送 毎週火曜日 9:30~
● 再放送 毎週木曜日 18:12~

● 再々放送   日曜日 午前
 
イラスト画像春からはじめませんか ひざ腰元気教室!!イラスト画像
市から委託を受けて高齢者健康教室(ひざ腰元気教室)を高山市全域で開催します。
体操の習得・健康学習・仲間づくりを目的に行っていますが、教室終了後も地域の
「集いの場」として活動を続けられるよう支援していきます。ご興味のある方は、何でもお問合せください。
※ 65歳以上の方で、過去に受講したことが無い方が対象となります
● 内 容 血圧測定・健康学習・健康体操・レクリエーション(あたまや体を使った脳トレ)
● 期 間 説明会1回と教室20回(5ケ月間) 週1回2時間(午前または午後)15名程度(要相談)
● 会 場 公民館や福祉センター等の施設
● 参加費 無料
 
今年度の様子
今年度は以下の会場で開催しました
 荏名団地・長坂町・総合福祉センター(昭和町)・ふれあい会館(名田町)・よって館・宙(七日町)
 片野会館・久々野町大西・上宝町長倉・清見町清見支所・よって館しもちょう(下二之町)
募集中! よって館初田教室(初田町1-26) 令和2年5月14日~10月15日
毎週木曜日 午後1時半~3時半  定員10名(超過の場合は抽選) 締切 5月11日(月)


◆ お問い合わせ先 高山市社会福祉協議会 介護予防事業室  大西・堤
ボランティアセンターからのお知らせ
幸せの黄色い花プロジェクト2020イラスト画像
~遠く離れたこの地でもできることがある~

今回は新型コロナウィルスの関係で種の配布のみ実施。
現在も種を配布しています。
 今年度で9回目となる幸せの黄色い花プロジェクトが、3 月11 日(水)よりスタートいたしました。
東日本大震災で被災した岩手県大槌(おおつち) 町から始まった「震災の記憶を風化させない」「今後の防災をみんなで考える」ためのプロジェクトです。大槌町の河川敷で育った菜の花の種を本会でお預かりし、高山市で想いを込めて育てます。その後、採れた種を大槌町へお返しし、大槌町の河川敷で皆さまの想いの込もった花を咲かせます。
 大槌町からお預かりした種は、総合福祉センター及び社会福祉協議会の各支部でお渡ししています。高山市から大槌町に想いをお届けできるよう、収穫した種や、菜の花の成長写真も募集しています。
皆さまのプロジェクトへの参加を心からお待ちしております!
 昨年度の様子
写真画像  写真画像

ボランティア活動保険の申し込みが始まります
 「ボランティア活動中のケガや賠償」に備えるための保険です。イラスト画像
令和2年度の加入申し込みは4月1日(水)より受付いたします。
補償期間
令和2年4月1日~令和3年3月31日まで
(活動を開始される前日までにご加入ください。)
加入プラン
•基本プラン 350 円
•天災・地震補償プラン 500 円
※ ボランティア保険の改定に伴い、令和2年度からは、以上の2プランのみに変更となりました。
※ 補償内容は従来の基本A タイプ、天災A タイプと同じです。

●お問い合わせ先 高山市社会福祉協議会 高山市ボランティアセンター 新井
 
前回の福祉のまちで掲載しました、長野県令和元年台風第19 号災害義援金の合計金額に誤りがございました。
正しくは、502,521 円でした。ご迷惑をおかけしましたことを深くお詫び申し上げます。大変申し訳ございませんでした。
 長野県令和元年台風第19号災害義援金 合計金額  502,521円 令和元年12月末
•高山市公設市場買受人協同組合理事長林利夫 500,000円  •センター募金箱 2,521円  (※敬称略)  
 長野県令和元年台風第19号災害義援金 合計金額  571,929円  令和 2年2月末
•高山市連合長寿会 50,051円  •匿名 19,357円  (※敬称略)  

『まちがいさがしをやってみよう!』こたえと当選者発表‼
158通のご応募いただき、ありがとうございました。
抽選の結果、当選された10名様には記念品を郵送させていただきました。
【記念品当選者10名】(順不同)
髙橋美津子/田口久美子/平野 順子/橋本 和幸
阪上智代美/水船 律子/橋本多代子/松井美智子
長尾 絹子/吉野 倖矢
【こたえ】
•犬が走っている   •手前左から二番目の子の帽子の色
•順位の旗の番号   •土けむりの数    •希望くんの髪の毛
•バトンの長さ   •愛ちゃんのはちまきの長さ
 赤い羽根イラスト画像
  

このページのトップへ戻る

「福祉のまち」トップページへ戻る