「福祉のまち」 No.210
平成30年(2018)9月15日発行



2018年赤い羽根共同募金ポスター画像 第43回高山市社会福祉大会2018年11月24日土主催 高山市社会福祉協議会 岐阜県共同募金会高山市支会 後援 高山市 高山市福祉関係団体等連絡協議会入場無料高山市民文化会館小ホール 高山市昭和町1丁目午後1時開場/午後1時30分開会 お問合わせ先 高山市社会福祉協議会(ポッポ公園横)T E L〈 0577〉35-0294FAX〈 0577〉34-6736 多年にわたり、社会福祉の発展のために寄与された方々へ感謝を込めて、開催いたします 特別講演 テーマあきらめない心 伊藤 真波さん(日本初義手の看護師/北京・ロンドンパラリンピック競泳日本代表)【講師略歴】 静岡県出身、5歳から水泳を始める。看護師を目指し看護学校に通っていた20歳の時、バイク事故で右手を切断。その後ハンディキャップを克服し、日本初の義手の看護師になり、神戸百年記念病院にて勤務。水泳においても北京、ロンドンのパラリンピックにて入賞するなど、「あきらめない心」で夢を叶えてこられた。現在はバイオリン演奏もされ、「腕がないのは私の個性」と胸を張って新たな夢に向かって活躍されている。この事業は、赤い羽根共同募金の配分により実施しています。
今年も10月1日より赤い羽根募金運動が始まります。みなさまのご協力をおねがいします。
 みなさまからのあたたかい善意は、民間の福祉施設・福祉団体への助成や、ひとり暮らしの高齢者の方や障がいのある方などが安心して暮らせるまちづくりなど、さまざまな形で役立てられています。

共同募金はみなさまに様々な形でご協力いただいています。
戸別募金 町内会を通じて各ご家庭にお願いし、ご協力いただいております。
法人募金
市内の法人・事業所にお願いし、ご協力いただいております。
職域募金 市内の事業所にお願いし、職域単位でお願いしています。
街頭募金 イベントの時や、市内各所において歩いておられる方にお願いしています。
学校募金 市内の学校に依頼し、実施しています。
そ の 他 赤い羽根ポスター 赤い羽根協力店に設置してある募金箱やバッチ募金などを通じて協力をお願いしています。


 歳末たすけあい配分事業申請受付のお知らせ!
 今年も、11月1日から11月30日夕方5時までの間、歳末たすけあい配分事業(義援金配分)の申請受付を行います。
 本年度も昨年同様に申請方式にて行いますので対象となる方は、早めに申請をお願いします。
 なお、詳細につきましてはお近くの社会福祉協議会窓口へお問い合わせ下さい。 
イラストカット画像
対象となる世帯
(以下の各区分の要件をすべて満たす世帯)

1. 障がい児・者(身体・知的・精神)世帯(障がい者の方を含む世帯)
  ・ 在宅者(施設入所者は対象となりません)
  ・ 身障・精神手帳 1級  療育手帳 A1
  ・ 市民税非課税世帯
  ・ 家族年間総収入が250万円以下の世帯

2. ひとり親世帯
  ・ 当該世帯で子供が高校卒業までの世帯(未就労)
  ・ 市民税非課税世帯
  ・ 家族の年間総収入が170万円以下(子2人目から1人に付き30万円加算)の世帯

3. 高齢者のみの世帯
  ・ 75歳以上
  ・ 在宅者(施設入所者は対象となりません。)
  ・ 市民税非課税世帯
  ・ ひとり暮らし高齢者で、年間総収入が90万円以下の世帯
  ・ 高齢者のみの世帯であって、年間総収入が160万円以下の世帯

4. その他の世帯
  ・ 在宅者(施設入所者は対象となりません。)
  ・ 市民税非課税世帯
  ・ ひとり暮らしの世帯で年間総収入が80万円以下の世帯
  ・ 2人以上の世帯で家族の年間総収入が130万円以下の世帯

※ 世帯構成の基準日は平成30年11月1日㈭です。
※ 生活保護世帯については、すべての区分においても対象となりません。
※ 施設入所の方は、基準日の1ヶ月以前からの入所の方は対象としません。
申請期間は、平成30年11月1日㈭〜30日㈮夕方5時までです
※ 決定通知は12月中旬に申請者へ送付し、12月下旬に指定口座へ振り込みします。
※ なお、世帯の年間総収入は前年中の収入額となりますのでお願いします。
 
平成30年度豪雨災害のご報告
 6月末より降り続いた雨により、全国で多くの方が被災され、今なお多くの方による復興支援が続いております。
高山市内では土砂流入や避難など被災された方もおられましたが、命にかかわるような人的被害はなく、地域の皆様の日頃の取り組みがあったからだと感じております。
 さて、高山市ボランティアセンターとしては、この豪雨災害発生にあたり、高山市での支援に加え、飛騨地域に郡上市を加えた4市1村社会福祉協議会「災害時相互応援に関する協定」により下呂市・郡上市でも、下記支援を実施しました。
•(高山市)7月7日(土)
 避難者の受付や物資の運搬・配付、避難者誘導など避難所運営支援
•(下呂市)7月11日(水)~7月16日(月)
  災害ボランティアセンター設置のためスコップなど災害用備品の搬入や、災害ボランティアの受付や活動の説明、救護など災害ボランティアセンターの運営支援
•(郡上市)7月13日(金)
 被災した家の泥だしや家財の清掃など復旧支援
下呂市災害ボランティアセンターの様子

地域の集いの場、ご紹介!創刊号
地域の中での集いの場が‘今’また注目されています!???なぜか???
集いの場とは参加者がやりたいことを楽しむ場例えば「おしゃべり」「レクリエーション」「ミニ講座」「創作活動」「食事会」「健康教室」など、所・年齢は問われません名称も様々です
  人口減少や少子高齢化が進むことで高齢社会への対応が‘今’さらに問われています。
そのようななかで「人とのつながり」「自分の居場所や役割が地域にあること」の必要性を重要視することで良い人間関係が形成され、それが「安心して暮らし続けられる社会」へと繋がります。
つまり‘地域づくり’です。
 ‘地域づくり’はその一人ひとりの居場所づくりを通じて、お互いの支え合いを目指しています。
その一歩が集いの場の創生です。イラスト画像
そこで、今回より地域の集いの場を随時ご紹介します。市内には把握しているだけで約350の集いの場がありますが、新たに創生された集いの場を中心に、既存の集いもご紹介していきます。
 今回は、今年から始まった「長坂町のモーニングサロン」です!!
町内の方が、毎週、朝9 時くらいに集まり、自ら準備され、コーヒーを淹れ、参加者同士の笑顔とお菓子をコーヒーのお共に、ゆ~ったりとした時間を過ごしてみえます。
このような集いの場、これからも各地で開催されることが一番ですよね!
皆さんの町内にも、このような定例での集いがありましたら、教えて下さい!

高山市社会福祉協議会
 担当 地域係(生活支援コーディネーター)加藤
地域づくりのサイクル図画像 写真画像

 老人福祉センター
ボランティアグループ『友愛会』会員募集!
 老人福祉センターでは、毎月1 回主におひとり暮らしの方を対象に“ふれあいのつどい”を行っています。
 参加者との交流を図りながら、レクリエーション等のお手伝いをしていただけるボランティアさんを募集しています。

 
問い合わせ先
 老人福祉センター TEL
35-0294 担当: 小林・小坂
 
 第35回 高山市福祉フェスティバル
  日 時:10月20日(土) 午前10時~午後3時
場 所:総合福祉センター及びポッポ公園
 福祉の啓発や各福祉団体のPR を目的として開催します
今年は平成最後の福祉フェスティバルということで、これからの福祉や参加者のみなさんの夢など、『未来』についてみなさんと一緒に考えたいと思います。福祉センターの野外では、ステージ発表、食品や授産製品等のバザーやリサイクルバザー、館内では各福祉団体の展示や体験をメインとした活動PR など、地域のみなさんに少しでも福祉を身近に感じていただきたく開催します。
 高山市ボランティア・市民活動フォーラムも同日開催し、市内ボランティア団体の活動をPR してもらいます。
ぜひ、お越しください!! 
写真画像 イラスト画像


主 催:高山市社会福祉協議会
共 催:高山市福祉関係団体等連絡協議会
後 援:高山市
参 加:市内福祉関係団体

 夜間保育所見学会を開催します!
日 時 平成30年9月30日(日) 午前9時30分~正午
場 所 高山市総合福祉センター 2階 夜間保育所(ぽっぽ公園となり)
内 容 利用方法の説明や登録の受付、施設の見学、製作など 
 申し込み不要 お気軽にご来場ください
 高山市内に在住または市内の事業所に就労している保護者の方が、夜間に就労することで家庭において保育ができない場合に、専用の施設で一時的に保育を行う夜間保育所が4 月から社会福祉協議会が実施しています。(高山市委託)傷病、冠婚葬祭、同居親族等の介護等やむを得ない理由の受け入れも行っています。
● 開所時間 月曜日から土曜日(祝日・年末年始を除く)
         午後5時30分~10時30分
● 対象児童 満1歳~6歳の就学前までのお子さん
● 利用料 1回1000円(減免制度あり)
● 定  員 1日につき10人 


問い合わせ先
 高山市社会福祉協議会 夜間保育所 電話
36-2288
 
ご協力ありがとうございます
平成30年度 高山市社会福祉協議会住民会員会費報告
 5月よりお願いしておりました社会福祉協議会住民会費につきましてはみなさまのご理解ご協力をいただきまことにありがとうございました。
 ご協力いただきました、貴重な会費は、福祉のまちづくりを進める事業に活用させていただきます。会員募集にあたりまして、ご尽力いただきました町内会長様はじめ町内会の役員・班長のみなさまに深く感謝申し上げます。
ご協力いただきました会員募集状況は、下記のとおりとなりました。
平成30年度会員会費集計表画像
    ハートアニメーション画像高山市社会福祉協議会へ
心あたたまるご寄付ありがとうございました

(7月1日~8月27日)
◆社会福祉事業へ
▽ 120,500 円 ………………飛騨農業協同組合 様
▽ 500,000 円 …… 一般社団法人activ support 株式会社フローラ 様  
▽    5,000 円 ……………ひだ笑いヨガクラブ 様
▽  10,000 円 ………………………………匿名 様
▽    3,000 円 ……………ひだ笑いヨガクラブ 様
▽  93,544 円 …… 北地区まちづくり協議会1 円玉募金 様  

飛騨高山グラウンド・ゴルフ倶楽部
平成30年度上半期
最多ホールインワン表彰
1位 澤 浦 常之助 (中央)
2位 岩 佐 德 昭 (左側)
3位 細 機 惣太郎 (右側)
(敬称略)

 皆様の温かいご支援、ご協力ありがとうございました。お預かりした義援金は、全額が共同募金会から被災県行政を通じて市町村に送金され、被災された方々にお届けいたします。
 平成30年8月31日現在
平成30年7月岐阜県豪雨災害義援金 合計金額 223,890円
NPO法人 まめなかな・匿名・センター募金箱(※敬称略)
平成30年7月広島県豪雨災害義援金 合計金額    534,262円
株式会社 一善・飛騨うりす苑利用者職員一同・杉本 美代子・匿名センター募金箱 (※敬称略)
平成30年7月岡山県豪雨災害義援金  合計金額   310,167円
 井口 哲一・センター募金箱 (※敬称略)

 
 高年者・障がい者 陶芸教室のお知らせ
  陶芸教室を通じてものづくりの楽しさを高年の方、障がいを持つ方に知っていただくための教室を下記の予定で開催します。興味のある方は是非お申込みください。
日時 10月 ① 2日(火) 【成形】
       ② 5日(金) 【高台づくり】
       ③25日(木) 【絵付け】
    11月 ④ 1日(木) 【作品完成】
時 間 各回午後1時30分~午後3時30分
場 所 総合福祉センター(昭和町)3F技能習得室
対象者 高山市内在住の高年者及び障がい者
定 員 15名(定員を超えた場合は抽選となります)
締 切 9月25日(火)までにお申し込みください
持ち物 お茶(水分)、エプロン、タオル、汚れてもよい服装
参加費 1人500円(粘土・釉薬等の材料代)
協 力 陶芸ボランティア(お茶わんクラブ)のみなさん
写真画像
お問合せ・申込先 高山市社会福祉協議会 担当 小林・小坂 
電話〈0577〉35-0294 FAX〈0577〉34-6736
HitsFM 76.5MHz〈ヒッツFM〉高山市社会福祉協議会だより
社会福祉協議会の事業紹介やイベント情報などをHitsFMの76.5MHzにてお届けしています。
● 本放送 毎週火曜日 9:30~
● 再放送 毎週木曜日 18:12~
 
 
児童センター・児童館コーナー
【昭和児童センター】写真画像

「作って食べよう!〜簡単ホットドッグ〜」
 8月10日に小学生対象の「作って食べよう!〜簡単ホットドッグ〜」を行いました。
夏なので、少しでもキャンプの雰囲気を感じられたら…と、調理室で下準備したパンをアルミホイルに包み、牛乳パックに入れてから外に出て、U字溝で焼きました。1年生〜5年生9名で作業を進める表情は真剣そのもの。牛乳パックに火をつける面持ちは緊張気味で、燃える様子をじっと見ていまし
た。出来上がったホットドッグをほおばる子ども達からは「美味しい!」「楽しかった!」と満足した声を聴くことができ、充実した時間となりました。
【城山児童センター】写真画像

【小学生: 丹生川体験バスの旅】

 
8月9日、福祉バスあおぞら号を利用し、小学生(3年生〜6年生対象)と丹生川町『ほおのき平天空のひまわり園』・『飛騨大鍾乳洞』へバス旅に出かけました。広い高原に咲くひまわり畑で伸び伸びと過ごし、冷んやりとした鍾乳洞や巨大な岩に驚き…と夏のひと時を楽しみました。目的地を丹生川エリアに設定しましたが、広い高山市、「行ったことないよ!」という子もおり、良い体験の旅になったようです。
初対面だった子たちが、帰りのバスの中では仲良くおしゃべりをする姿が印象的でした。
 【山王児童センター】写真画像

「わんぱく寺子屋」
 夏休み中、5日間行われた小学生わんぱく寺子屋では中高校生のお兄さん・お姉さんに宿題を教えてもらいました。わからないところを習い、真剣な表情で取り組む姿が印象的でした。
そして勉強が終わると、小学生に大人気のマンカラ大会が始まりました。
それぞれが作戦を練り白熱した対戦が繰り広げられ大いに盛り上がりました。
他にも、ぶっかけそうめんや冷たいスイーツ、夏カレー等…夏休みの楽しい思い出ができました。
イラスト画像
【ふれあい児童館】写真画像

「水てっぽう大作戦」
  8月3日㈮にふれあい児童館園庭で「水てっぽう大作戦」を行いました。
頭に金魚すくいのポイを付け、赤と白チームに分かれ、相手チームのポイの的をめがけて水を飛ばしました。1試合目が終ったあと、休憩時間を作ると、子ども達はチームに自然と分かれ作戦を練っている姿がありました。幼児親子・小学生30名の参加があり、他校同士良い交流ができ、園庭には子どもたちの笑い声が響き渡り、デイサービスの利用者さんもその姿を見て子ども達の応援をしていました。
 
【児童センター・児童館の行事予定】
4館合同行事のお知らせ
「ちびっこ運動会」
期 日 10月12日 ㈮
時 間 午前10時30分〜12時(午前10時より受付開始)
場 所 ビッグアリーナ 武道場
対 象 幼児親子50組
※9月15日より各児童センター・児童館窓口で申し込み受付。定員になり次第締め切りです。
※ お父さんの参加大歓迎です。是非ご家族で足をお運びください。
母子父子福祉センターのお知らせ
「親子バスハイキング」
期 日 10月13日 ㈯
行き先 名古屋港水族館
対 象 高山市内のひとり親家庭の親子40名
集合時間 午前6時45分
解散時間 午後6時(予定)
集合解散場所 参加者の方に後日お知らせします
参 加費無料(入場料は自己負担です。)
※9月13日より母子父子福祉センター窓口で申し込み受付中。定員になり次第締め切りです。
 
〈お問い合わせ〉
◆昭和児童センター TEL35ー0294
◆城山児童センター TEL32ー0674
◆山王児童センター TEL36ー2090
◆ふれあい児童館  TEL36ー5855
 ◆母子父子福祉センター TEL35ー0294
第52回高年者作品展の出品作品を募集します 
 募集要綱
 市内にお住いの60歳以上の方を対象に、絵画・書道・写真・彫刻・盆栽・手工芸品など
日頃から創作された作品を募集します。応募用紙は、当協議会をはじめ、各支部の事務所にあります。多数の方々からのご応募をお待ちしております。


応募締切 10月24日(水)
開催日時 平成30年11月14日(水)・15日(木)
午前9時半~午後5時まで(15日は午後4時まで

開催場所 高山市民文化会館(3階講堂)
主 催:高山市連合長寿会・高山市社会福祉協議会・高山市
問い合わせ先:高山市連合長寿会事務局 TEL35-0294 担当 小坂 
 
ボランティアセンターより
「ボランティア団体等助成事業」説明会のご案内
 高山市ボランティアセンターでは、高山市内で活動するボランティア団体に対し活動費の助成を実施しています。
日  時 9月20日(木) 19時~
会  場 高山市総合福祉センター(ポッポ公園横)
対  象 高山市内で活動しており、ボランティアセンターに登録している団体。
※上記説明会に参加することが申請条件
助 成 額 50,000円を上限とし、年間の対象経費の半額を助成します。
申込期限 説明会の参加申込は9月18日(火)まで
※ 説明会終了後、助成申請手続きを開始。
手続き後、審査会にて可否決定し、入金。
 問い合わせ先 高山市社会福祉協議会 TEL〈0577〉35-0294 担当:松井
 
 

このページのトップへ戻る

「福祉のまち」トップページへ戻る