「福祉のまち」 No.195
平成28年(2016)3月15日発行



高齢者等の方で、財産管理にお困りの方は、社会福祉協議会へご相談ください!!「日常生活自立支援事業」「成年後見制度」のご紹介!
 高山市社会福祉協議会では、高齢者、知的障がい者、精神障がい者の方々が地域で安心して生活できるように「日常生活自立支援事業」と「成年後見事業」により支援を行っています。 
 日常生活自立支援事業(旧事業名:地域福祉権利擁護事業)
 イラスト画像 日常生活自立支援事業とは、高齢や障がいにより、福祉サービスの利用方法がわからない、預金の出し入れや生活に必要な利用料などの支払い手続き等のほか大切な書類の保管場所を忘れてしまわれるなど、日常生活で困っていることを社会福祉協議会がお手伝いをするサービスです。利用者本人との契約となるため、本人にサービスを利用する意思があり、契約の内容がある程度理解できる方が対象になります。
 利用にあたっては、認知症高齢者・知的障がい者・精神障がい者でも利用可能ですが、本人にサービスを利用する意思があり、契約の内容がある程度理解できる方になります。
利用できるサービス内容
福祉サービス利用援助書 書類等預かりサービス 日常的金銭管理サービス
• 福祉サービスの利用に関する相談や情報の提供
• 福祉サービスの利用申込みに必要な手続き
• 福祉サービスの利用料を支払う手続き
• 福祉サービスについての苦情解決サービス制度を利用する手続き
〈お預かりできる書類〉
• 年金証書
• 定期預金証書
• 権利証
• 実印、銀行印等
※ お預かりした書類等は、貸金庫において保管します。
〈支払いの手続きなどを行います〉
• 年金及び福祉手当の受領に必要な手続き
• 医療費を支払う手続き
• 税金や社会保険料、公共料金を支払う手続き
• 日用品等の代金を支払う手続き
 

 成年後見制度
  成年後見制度とは、認知症や知的障がい、精神障がい等で判断能力に不安を抱えている方々で、介護サービスの契約・不動産や預貯金の管理など自分で行うことがむずかしい人もみえます。このような方を支援するため、成年後見人を家庭裁判所が選任します。
 高山市社会福祉協議会では、法人として後見人を引き受け地域で安心した暮らしを支援します。
成年後見人の役割
• 成年後見人の役割は、本人の意思を尊重し、かつ本人の心身の状態から生活状況に配慮しながら、本人に代わって財産を管理したり必要な契約を結んだりすることによって、本人を保護・支援することです。
• 成年後見人の仕事は、本人の財産管理や契約などの法律行為に関するものに限られており、食事の世話や実際の介護・買物などは、一般に成年後見人の仕事ではありません。
• 成年後見人はその事務について、家庭裁判所に定期的に報告を行い、家庭裁判所の監督を受けることになります。
お問い合わせ先
社会福祉法人 高山市社会福祉協議会 地域福祉課 援護係(飛騨地区福祉サービス利用支援センター)
〒506-0053 高山市昭和町2丁目68番地の1 高山市総合福祉センター内 電話〈0577〉35-0294 ㈹

 
平成27年度法人会員のご紹介 医療法人 以仁会    若宮食品㈱
   ハートアニメーション画像高山市社会福祉協議会へ
心あたたまるご寄付ありがとうございました

(11月5日~2月16日) 
◆社会福祉事業へ
▽ 10,000 円 ……………………………… かけはしの会 様
▽ 10,000 円 ………………………………………… 匿名 様
▽ 50,000 円 ……………… ボランティアほおずきの会 様
▽200,000 円 …………………………………… 下瀬進三 様
▽ 10,000 円 ………………………………………… 匿名 様
▽ 78,000 円 ………………… みなみまちづくり協議会 様
▽  5,000 円 ………………………… 西町良扇会女性部 様
▽ 80,000 円 ……………… 高山市職員労働組合連合会 様
▽ 35,469 円 …………………………………… きくのや 様
▽ 80,000 円 …………………………………… 小坂葉子 様
▽ 20,000 円 ……………………………………… 進栄会 様
▽ 53,504 円 …… 岐阜県中古自動車販売商工組合 飛騨支部 様
▽ 20,000 円 …………………………… 高山日赤奉仕団 様
▽  5,264 円 ………………………………………… 匿名 様
▽ 20,000 円 ……………… 岩畠玲子和装学院 玲和会 様
▽ 10,000 円 ………… 高山市子ども会育成連絡協議会 様
▽105,342 円 ………………… 北地区まちづくり協議会 様
 
子ども+えがお=しあわせ
児童センター・児童館ってこんなところです。気軽に遊びにきてください☆
親子・家族であそぶ
笑顔がいっぱい♪イラスト画像
「かぞくであそぼう」
写真画像
ポッポ公園で「春・み~っけ!」
子どもの力
ボランティア育成!
  地域の小中学生・高校生がボランティアとして
活躍し、若い力を発揮できるよう応援しています。
地域の中で若い力が育っています。
写真画像
小学生 クリスマス会
身近な居場所~地域の子どもも大人も~
イラスト画像イラスト画像
地域のみなさんと世代を越えて、一緒に楽しく♪
 子どもと地域の方が集まり、
和やかで楽しい時間を過ごしています。
 気軽に寄れる地域の「場」に…。
写真画像
ちょこっと 夏まつり
コミュニケーションゲーム
つながる・たのしい子育て
写真画像
母親クラブ活動
親子でクリスマスツリー作り
写真画像
おでかけ隊(移動児童センター)
上宝 親子うんどう会
お母さんたちが中心の子育て親子の交流の場です。
28年度も各館でクラブメンバーを募集しています。
児童センターを利用しにくい地域に出向き、
様々な遊びのプログラムを実施しています。
<お知らせ>
こども青空フェスタ ~今年は○△□であそぼう~
 平成28年4月29日㈮10:00~15:00 ポッポ公園
青空の下、楽しい遊びが大集合!!
お問い合わせイラスト画像
昭和児童センター (高山市昭和町2-68-1) 35-0294
山王児童センター (高山市森下町1-401)  36-2090
城山児童センター (高山市堀端町94) 32-0674
ふれあい児童館  (高山市名田町3-1-3) 36-5855
 
赤い羽根共同募金にご協力ありがとうございました
 昨年10月1日から12月31日まで実施しました、共同募金運動に皆様より多くの善意をお寄せ頂きありがとうございました。お寄せいただいた募金は、市内の福祉活動はじめ社会福祉施設やNPO団体等が行う地域の福祉活動に役立てられます。
ありがとうイラスト画像 共同募金で集まった募金額表

 
高年者新春囲碁大会の結果
 1月29日㈮、88名の参加を頂きました。結果は以下のとおりです。 
 各組の優勝者(写真左から)
A組 井上 二郎 さん
B組 西田 三郎 さん
C組 中島  隆 さん 
D組 大家 利男 さん
E組 小西 敏雄 さん
F組 柚原 和幸 さん
G組 車戸  武 さん 
写真画像イラスト画像
主 催:高山市社会福祉協議会  共 催:高山シルバー囲碁クラブ 
 
地域見守り推進員の活動報告
地域の絆……超高齢社会にそなえて
 住民間の繋がりが希薄化しつつある中、将来的にも、安心して暮らせる地域づくりが大切であることは皆さんご存知のとおりです。
高齢者等の見守り・声掛けは地域住民をつなげる大切な活動であり、地域見守り推進員の活動する内容でもあります。
 この制度を取り入れて2年近く経ちます。見守り方法はそれぞれの地域に合った形で行い、民生児童委員の協力をいただき訪問を続けることで、地域に浸透してまいりました。今後も更なる活動をよろしくお願いします。
主な地域見守り推進員の活動内容 
命のバトン(※下記説明)情報をもとに、民生児童委員と協議し、見守り必要世帯の定期訪問と見守りを行う。
◦ 民生児童委員の活動に協力し、子育て世代への声掛けを行う。
◦ 地域高齢者の普段の生活の見守りを行い、変化に気を留め必要に応じて民生児童委員、高山市社会福祉協議会に報告をする。
◦ 推進員の相互の交流と向上を目的とした研修会に参加をする。 
地域における主な活動 
◦ 世帯数の多い町内は、班長さんからの情報を見守り推進員にお伝えする方法をとっています。地域を見守る網の目をより細かくすることで確実な見守りにつなげております。
◦ 見守り推進員が地域のサロンに積極的に参加して、高齢者と交流することで普段の生活を見守る活動をされております。 
地域の見回りが変わりつつあります
 お一人でお住まいの方からは、定期的に訪問して頂けるので安心して生活が出来るとのご意見が寄せられております。また、この制度をとおして、超高齢社会に備えての地域の見守りの大切さを再認識された方が多くおられました。(研修会等でご意見が寄せられております)
 担当地区の民生児童委員の方と一緒に訪問を行い、見守りが必要な方に安心感を抱いております。
 この制度は、今まで不安を持ちながらお一人であるいは高齢者のみ世帯で、生活しておられる方に、安心感と地域との繋がりを感じて頂けるようになりつつあります。 
地域見守り推進員の位置づけ 
 地域見守り推進員の位置づけ図
地域見守り推進員制度は地域の皆さまにご理解をいただきながら、住みよいまちづくりに貢献しております。これからもご理解とご協力をよろしくお願いします。 
命のバトンの新規導入について 
 「命のバトン」とは、緊急時に必要な情報を入れたケースを、冷蔵庫に保管し、万が一に備えるためのものです。たとえば、急病など急に助けが必要となったとき、消防署の救急隊員や、かけつけた方に、持病・かかりつけの病院・緊急時の連絡先などの情報をいち早く確実に知らせることで、万が一に対応します。 
命のバトン写真画像 今回、命のバトンを初めて導入しました。このバトンがあるだけで普段の生活が安心して過ごせております。 対 象 者
• お一人住まいの高齢者の方
• 高齢者世帯
• 何らかの障がいをお持ちの方で生活に不安を抱えている方




イラスト画像
〈申込み方法〉
• 希望される方は、担当地区の民生児童委員、お住いの町内の地域見守り推進員、高山市社会福祉協議会のいずれかへお申し込み下さい。
  ↓
• 後日、担当地区の民生児童委員の方が手続きに伺います。その際、いろいろな個人情報をお聞きすることになります。
  ↓
• あなたの情報を社会福祉協議会で登録し、その情報を命のバトンに入れて自宅へお届けします。
Hit'sFM 76.5MHz
社会福祉協議会の事業紹介やイベント情報などをHit'sFMの76.5MHzにてお届けしています。
〈ヒッツFM〉高山市社会福祉協議会だより
毎週木曜日 10:30~10:40
          18:10~18:20(再放送)
 
~ボランティアセンターより~
ボランティアセンター登録と登録団体紹介冊子について
登録資料写真画像
 平成28年度4月1日発行を目指し、ボランティアセンター(以下VC)登録団体紹介冊子に掲載させていただく福祉分野のボランティア団体を募集しています。
 ボランティアを始めたいと思っている方が一歩ふみ出すためのツールとなりますよう、VC未登録団体にはぜひVCへの登録と冊子作成のご協力をお願いします。

ニス値と菜から基地面菜ボランティア活動保険について
 ボランティア活動中に起こる事故に対する備えとしての保険です。平成28年度の加入申し込みを4月1日より受付いたします。 

補償期間 平成28年4月1日~平成29年3月31日までの1年間
基本タイプ Aプラン 300円    Bプラン 450円
天災タイプ Aプラン 430円    Bプラン 650円

あなたの地域でも健康づくりをはじめませんか!!
ひざ腰元気教室参加者募集のお知らせ 
 年を重ねても元気でいきいきと暮らしていくために、高齢期の健康管理のポイントや認知症予防について学びます。 
◆ 高山市久々野保健センター(久々野町無数河642番地2)
  平成28年4月19日~ 9月20日 毎週 火曜日
  午前10時00分~12時00分(※4/19は説明会)
◆ 高山市総合福祉センター(昭和町2丁目68-1番地)
  平成28年4月20日~9月14日 毎週 水曜日
午後1時30分~3時30分(※4/20は説明会)
◆ よって館・天満(天満町5丁目1-12番地)
  平成28年4月20日~9月14日 毎週 水曜日
  午前9時30分~11時30分(※4/20は説明会)

参加対象

•65歳以上で健康づくりに関心のある方
•ひざ腰元気教室を受講した事のない方
 
写真画像
ペットボトルを使った筋力アップ体操の様子(国府町・桐谷公民館にて)
ひざ腰元気教室の開催場所等募集のご案内 
 ひざ腰元気教室を始めたい町内会や関心のある方はお気軽にご相談ください。
問合せ先 高山市社会福祉協議会介護予防事業室
電話
0577-35-0294㈹
 又は、高山市社会福祉協議会各支部にご相談ください。 

高山市福祉関係団体等連絡協議会(福連協)より
① 認知症予防講演会(2部制)の開催のお知らせ 
1部:一般市民対象
 『今からできる認知症予防~“わたし”らしい生活を目指して~』
2部:介護や医療等の専門職対象
 『認知症になっても“その人”らしく!~現場で地域でご自宅で支える一人として』 
 講師に認知症研究で有名な国立長寿医療研究センターの遠藤英俊先生をお招きします。演題の通り認知症予防についてのお話していただきます。
 ぜひ、お誘いあわせの上、お電話等でお申込み下さい。 
日 時 平成28年4月16日㈯
1部:開場10時00分 講演10時30分~12時00分
2部:開場14時00分 講演14時30分~16時30分
会 場 高山市役所地下ホール
定員250名(申し込み順)
参加費 無 料
申込先 TEL〈0577〉35-0294
     FAX〈0577〉34-6736
     3月15日㈫から受付開始
主 催 高山市福連協 NPO部会・高年者部会
共 催 高山市社会福祉協議会  後 援 高山市他
 
写真画像
遠藤英俊先生
② 給食ボランティア菜の花会のボランティア募集!! 
 旧市内の対象者へお弁当を作ってお届けしている団体です。イラスト画像
そのお弁当を作る方、配達する方を募集しています。
 興味のある方、お時間のある方、ぜひご連絡下さい!!
問合せ先 ボランティアセンター 松井、加藤
電話
〈0577〉35-0294 

飛騨高山グラウンド・ゴルフ倶楽部
3月10日(木)オープンしました。
申し込み問い合わせ先
TEL〈0577〉57-7244へ
申し込んでください。
定休日:第1・第3月曜日

 
地図画像
写真画像
第2高架下駐車場 16台駐車可能です
 
協力金の変更について
 施設、芝管理等の費用として協力金を頂いておりましたが、より充実した管理を行ないたく下記のとおり変更いたします。ご理解ご協力をよろしくお願いします。 
 
                【現行】   【新規】
はつらつ会員   150円 ⇒ 200円
一    般     300円 ⇒ 350円
長寿会員      200円 ⇒ 250円
※いずれも2ラウンド分
※1日利用の協力金:1000円(1日券を発行します)
用具貸出
用具3セット(クラブ・球・マーカー)の貸出し200円

このページのトップへ戻る

「福祉のまち」トップページへ戻る