「福祉のまち」 No.183
平成26年(2014)3月15日発行



飛騨高山グラウンドゴルフ倶楽部4月1日(火)オープン 市内初の公認コース全面天然芝充実の8コース どなたでもご利用できます!第2高架下駐車場 16台駐車可能です 利用方法電話予約 飛騨高山グラウンドゴルフ倶楽部電話〈0577〉57-7244定休日 第1・第3月曜日協力金① 施設管理(芝管理等)に伴う費用として2ラウンド競技分300円。② 予約申し込みの競技(2ラウンド)が終了した時点で、コースに余裕があり引き続き競技を行うことができる場合は、1ラウンド毎の競技分として協力金100円追加 用具貸出用具3点セット(クラブ、球、マーカー)の貸出し、200円4月1日(火)からの予約については、3月15日(土)から予約開始します。受 付 電話 35-0294高山市総合福祉センター中林 4月1日からの申込み・問い合わせ先 飛騨高山グラウンド・ゴルフ倶楽部 電話〈0577〉57-7244 場所高山市岡本町4丁目7-1番地
高山グラウンドゴルフ倶楽部
オープン記念 月例会のご案内
 グラウンドゴルフ倶楽部を愛用されて頂いている皆様を対象に月例会を開きます。この機会に是非参加してみてはいかがですか。

◆ 日 時 平成26年4月23日(水) 9:00~11:00
◆ 場 所 飛騨高山グラウンドゴルフ倶楽部
◆ 内 容 2ラウンドの合計
  日本グラウンド協会規定に基づいての大会 
  表彰:優勝・準優勝・三位・飛び賞
◆ 人 数 先着60名(定員になり次第締切)
◆ 対 象 高山グラウンド倶楽部利用者
◆ 参加料 500円(協力金、商品代、1ドリンク代)
◆ 駐車場 グラウンドゴルフ倶楽部第二駐車場等を利用して自力で現地集合
◆ 申込み グラウンドゴルフ倶楽部 電 話
57-7244
  受付時間:9時から17時まで、月曜休み
  個人で申し込む(グループ単位は不可)
◆ 雨天決行 天候により雨具をご持参ください
◆ 持ち物 運動できる服装、運動靴(ハイヒール不可)、天候により帽子等

問合せ先 飛騨高山グラウンドゴルフ倶楽部 電話
57-7244

新年度 グラウンドゴルフ教室の開催
初心者対象
 グラウンドゴルフを経験したことのない方を対象にグラウンドゴルフ教室を開きます。この機会に是非参加してみてはいかがですか。

◆ 日 時 平成26年4月30日(水) 10:00~12:00
◆ 場 所 飛騨高山グラウンドゴルフ倶楽部
◆ 内 容 クラブハウス内で、グラウンドゴルフの歴史やルール説明後、実際にプレーを行いながら、ルール等を覚える
  講 師 : 高山市グラウンドゴルフ協会
◆ 人 数 先着40名(定員になり次第締切)
◆ 受講料 無料(クラブリース代込)、クラブハウス内喫茶は別
◆ 駐車場 グラウンドゴルフ倶楽部臨時駐車場等を利用して自力で現地集合
◆ 申込み グラウンドゴルフ倶楽部 4月1日から申込み可
  受付時間 : 9時から17時まで、月曜休み
  個人でも、グループでも申込可
◆ 雨天決行 天候により雨具をご持参ください
◆ 持ち物 運動できる服装、運動靴(ハイヒール不可)、天候により帽子等

問合せ先 高山市社会福祉協議会 電話
35-0294

赤い羽根共同募金にご協力ありがとうございました 

 昨年10月1日から12月31日まで実施しました、共同募金運動に皆様より多くの善意をお寄せ頂きありがとうございました。お寄せいただいた募金は、市内の福祉活動はじめ社会福祉施設やNPO団体等が行う地域の福祉活動に役立てられます。

ご存知ですか?
地域包括支援センターは高齢者のみなさんの生活をサポートします
  地域包括支援センターに寄せられる高齢者の虐待相談は、年々増加しています。周囲が高齢者や養護者の変化に気づき早期に対応していくことで虐待の発生を防止することが大切です。

■養護者の要因

 介護疲れなどが養護者のストレスを増大させ、虐待の要因となることがあります。
■高齢者の要因
 高齢者の、認知症による言動の混乱や思うように動けないことなどにより、誤解を招いたり、周囲とのコミュニケーションがうまくとれないことが、結果として虐待の要因となることがあります。
■人間関係などの要因
 元々の家族関係や高齢者の老化や認知症により、家庭内における高齢者と養護者の精神的・経済的な依存関係等のバランスが崩れることが虐待の誘因となる場合もあります。
■社会環境などの要因
 近隣とのつき合いの減少により、養護者が問題を抱え込みやすく、軽微な虐待の早期発見が難しくなります。
 虐待を防ぐために、また早期発見のためには、些細な兆候を見逃さず高齢者とその家族を孤立させないことが大切です。

問合せ・相談は
 高山市役所 高年介護課内  高山市地域包括支援センター 電話
35ー2940

高齢者健康教室(ひざ腰元気教室)に参加しませんか
 高山市社会福祉協議会では高齢者の健康の健康づくり、仲間づくりを広めると共に、公民館等を活用し、地域イラスト画像の活性化を図る事業として高齢者健康教室(ひざ腰元気教室)を推し進めています。参加条件等をお知らせ致します。

★ おおむね65才以上で、健康づくりに関心のある人
★ 介護認定を受けてみえない人
★ 高齢者健康教室(ひざ腰元気教室)を受けたことがない人
教室の人数は、15人程度。
 お住まいの近くの公民館等で開催します。教室の回数は、1週間に一回、同じ曜日で20回です。
 募集については、町内会を通して高齢者健康教室(ひざ腰元気教室)に参加しませんか
回覧し実施する場合と、長寿会や町内のお世話役の方から申し込みを頂く場合があります。住民の間で「最近、昔のように集まることが少なくなり寂しくなった」との話がよく聞かれます。地域の中でいつまでも支えあい絆を深めることが出来る一助になるように取り組んでいきます。是非、近隣の方に声を掛けて参加してみませんか。
問い合わせ先 
 高山市社会福祉協議会  介護予防事業室  電話
35ー0294

障がい者ふれあいサロン開催のご案内
 高山市社会福祉協議会では、障がいをお持ちの在宅で生活されている方等の、交流と情報共有を目指して、サロンを開催します。ひとりでも多くの方にご利用していただきたくご案内申し上げます。。
イラスト画像イラスト画像
開催日:毎週木曜日に継続中
場 所: 総合福祉センター リハビリ室
時 間: 午後1:30~午後3:30まで
内 容: •情報の共有、仲間づくりを目的とした交流の場
     •普段抱えている疑問、悩みの相談、繋ぎの支援
     •講師による定期的な講演会
     •コーヒーなどを飲みながらの雑談等
参加費: 無料
送 迎: 問い合わせください。可能な限り支援します

月別メニュ-(それぞれの講師の方から教えていただきます)
第1木曜日:書道教室   第2木曜日:編み物教室・パソコン教室
第3木曜日:手芸教室   第4木曜日:パソコン教室
イラスト画像 イラスト画像
連絡先
〒506ー0053 高山市昭和町2丁目68ー1  高山市社会福祉協議会
TEL
0577ー35ー0294 担当:中林、和田

ハートアニメーション画像心あたたまるご寄付ありがとうございました(12月13日~2月28日)
◆ 社会福祉事業へ
▽ 10,000 円… ……… 国府社教女性部 様
▽ 20,000 円… ………………… 進栄会 様
▽ 6,753 円… …… 旧上岡本町9 班-2 様
▽ 50,000 円… ………… 南社教女性部 様
▽ 64,900 円… … JU 岐阜飛騨支部高山ブロック 様
▽ 42,698 円… ……………… きくのや 様
▽ 90,000 円… … 高山市職員労働組合連合会 様
▽ 40,100 円… … 高山米穀協業組合高陽会 様
▽ 15,000 円… … 岩畠玲子和装学院岩畠玲子 様
         … … 岩畠玲子和装学院玲和会 様
▽  778 円… …………………… 匿名 様
▽ 640,000 円… ………… 飛騨信用組合 様
▽ 14,100 円… … 花里地区連合長寿会 様
▽ 100,000 円… …………………… 匿名 様 
▽ 10,000 円… … 高山市子ども会育成連絡協議会 様
▽ 5,000円… …………… 愛染短歌会 様
◆高齢者福祉事業へ
▽ 150,000 円… …………… 下瀬 進三 様
◆障がい者福祉事業へ
▽ 200,000 円… …………… 下瀬 進三 様

共同募金配分金事業
 高山市内の高齢者等サロンのメンバーを対象に「笑いの会」を開催。250名の方の参加を頂き、落語、寸劇、音楽遊戯を鑑賞、笑いいっぱいの一日でした。
写真画像 写真画像
柳家権太楼さんの落語 下林サロンの有志による寸劇

東日本大震災への義援金ありがとうございます。
義援金総額  1億2,686万561円
 引き続き義援金の受付を行っておりますので、共同募金会高山市支会(社協内)へお問い合わせ下さい。
岐阜県共同募金会高山市支会や(株)高山市民時報社様、市内設置募金箱、街頭募金等で受付けた金額です。
(2月末日現在 敬称略)

岐阜県共同募金会高山市支会受付分
 昭和児童センター母親クラブ/ 5,000 円
児童発達支援事業所 あゆみがくえん
ある保護者からの投稿
早期療育を受けた息子!!振り返って思うことは…
 いよいよ3回シリーズの最後のページとなりました。
前回は、療育(丁寧な関わりと保育)の必要性から支援を必要とする子(幼児期から就労)の成長を追って行くシステムの構築について詳しく掲載されました。
 
 乳幼児時期のことですが、子どもに接する職務であるにもかかわらず、平気で親さんを傷つける発言をされる方を時折見受けることがあります。自己肯定感が低くなっているのは、なにも子どもだけではなく、母親も同じなのです。いっぱいいっぱいの母親を追い詰めてしまうと、児童虐待に繋がることだってあるのです。それを承知で悪気あって言ってるのではないはずですが、専門職としての資質向上をして療育のレクチャーだけでなく、母親支援もできる人材を育てられると、健常児だけでなく全ての子どもに優しい子育てしやすい本当の意味での「日本一の子育てのまち」になれるのでは…と。

 最後に、箱物はいらないような発言をしましたが、飛騨にぜひほしいのは、療育などのフォローまでができる医師や療法士が設置された療育機関「児童発達支援センター」です。
定期的に、わざわざ岐阜市や大垣市、富山など遠方に通われている方も多いので、診断・その後のフォローまで出来るセンターがあると、冬の雪道を怖い思いをして通わせなくても済むならいいなと思います。
 ちなみに、息子は福井市の民間クリニックに通っていますが、そこでは、診断以外にもディスレクシア(書き字障がい)、ATA(注意力テスト)、スーパーバイザーによるディスカリキュア(算数障がい)まで検査してもらえ、どうすればこの子の頭にストンと入りやすいのか等を親身に考えてくれます。こういう専門家が飛騨にいれば、学校の先生方にとっても力強い存在で、療育機関と教育が手を結び、障がいと診断されていないグレーゾーンの多くの子までも、学習内容が入りやすいような支援がうけられるのでは、と思います。
なぜならば、発達障がいの子にわかり易い授業は、みんなにとってもわかりやすい授業だからです。
 子どもは未来の宝です。特に発達障がいのある子は、凸がある分、どこかに凹があり、職人や研究者気質、芸術肌の子も中にはいます。
 日本では、「障がい」と付くと気の毒なイメージを持たれやすいですが、海外では、神様から与えられたギフテッド、タレンテイッドと呼ばれ、「アスペルガー」は「天才の卵じゃないか」と一種の誉め言葉みたいな感じさえあります。
高山の宝になるかもしれない子ども達に、ぜひ就労までの一貫した支援ができるシステムをいち早く構築してもらいたいと思います。 おわり 

 3 回にわたって読んでいただきありがとうございました。
発達障がいは分かりにくい障がいですが、現在、診断がなくても「あれっ」と思った瞬間から支援できる体制づくりが少しずつ出来てきました。そのためには、子育て支援課・健康推進課、保育園・幼稚園、児童発達支援事業所(あゆみ等)、学校が情報を共有し支援に一貫性を持たせられる連携づくりが必要になります。
 また、支援者として専門性を高める努力も必要です。全ての子どもたちの発達保障を目指して…
皆様のご意見お待ちしています。
指定児童発達支援事業所
高山市あゆみ学園
TEL〈0577〉33-1199
第二あゆみ学園
〒506-0008
高山市初田町3-27-6
TEL〈0577〉62-8155

こんにちは援護係です
 写真画像
  1月28日に〈権利擁護講座3〉「よくわかる成年後見制度~なぜ必要?本人をどうやって守る?~」を開催しましたので、その内容を少し紹介させていただきます。
講師は中日新聞に連載された「老いの風景」など多数の著書がある、東濃成年後見センター理事長の渡辺哲雄先生にお願いしました。
 まず、特養などの施設への入所や福祉サービスの利用にも必要な「契約」について、現状を踏まえた説明から始まりました。
 判断能力が低下している人が不必要な契約(高級布団?を買わされた!)などで財産を失う危機に直面した場合、親族や福祉関係者などがその危機に気づいたとしても「契約自由の原則」や「原告適格」(契約した本人じゃないと訴えられない)などに阻まれて介入できないという現状について、事例やたとえ話をもとにユーモアを交えて話され来場したみなさんも合点されていました。
 ではどうしたら判断能力が低下しても安心して生活できるのか?…そこで登場するのはやっぱり親族!?信頼できそうな友人!?…そして「成年後見人(補助人、保佐人)」という制度もあります。成年後見制度についてはまた説明させていただきたいと思います。
 最後に事例として、施設入所中に身元引受人である息子が倒産して親(本人)の年金を使ってしまう話や、障害年金目当てに施設から甥っ子(本人)を引き取ろうとする伯母の話などが挙げられ、いずれも本人を守るために必要なのは→「成年後見制度」という結論に来場者全員が納得して終了しました。

電話
35ー0294(牧上、小坂)

東日本大震災復興応援企画のご報告
ロゴ 幸福(しあわせ)の黄色い花プロジェクト2014
~一緒に種を育てませんか??~
 東日本大震災を忘れない為 被災された方々を応援する為 皆さんの防災意識を高める為 毎年3月11日に、高山市総合福祉センターにて菜の花の種植えをしています。なぜ菜種を植えるのか?
 この種は、被災地岩手県大槌町で震災によって荒れてしまった河川敷などを菜の花でいっぱいにしようと活動している『大槌町菜の花プロジェクト』から分けていただきました。本会や参加者も各家庭でこの種を育て、花を咲かせ、種を採取し、集った種を大槌町にお返ししています。これにより震災の記憶を風化させず、遠く離れた高山からも、被災地を応援できればと思っています。
 今年も先日集まった100余名のみなさんと一緒に3月11日に種植えをし、また今年は久々野保育園でも実施して頂きました。
 この種はまだありますので、育てていただける方のご連絡をお待ちしています。
 高山市ボランティアセンター TEL
0577ー35ー0294  担当:加藤
写真画像 写真画像 写真画像
昨年の様子(参加者手作りのペットボトルプランター) (5月満開) 参加者からの種

ポスター画像 おいでよ志(みんな) 大地(ちいき)を潤す清流となって 第23回全国ボランティアフェスティバルぎふ 2014年9月27日㈯~28日㈰岐阜市/長良川国際会議場 他

児童センター・児童館 春の行事
【昭和児童センター】イラスト画像
電話 35‐0294

『おや』と『こ』年齢別サロン全体会
~『ムジカ マイン』さんのミニコンサートを楽しみましょう~
期 日  3月19日(水)
時 間 午前10時30分~11時30分
場 所 福祉センター4階和室
対 象 幼児親子50組
※ 昭和児童センター窓口で申し込み受付中、定員になり次第締め切りです。

小学生 お茶会体験
期 日 3月26日(水)
時 間 午前10時30分~11時30分
場 所 福祉センター3階和室
対 象 小学生15名
※ 昭和児童センター窓口で申し込み受付中、定員になり次第締め切りです。


【城山児童センター】イラスト画像
電話 32‐0674

小学生 ダブルダッチに挑戦!

期 日 3月22日(土)
時 間 午前11時~
場 所 城山児童センター
※ 申し込みは不要です。小学生のみなさん、楽しみながらチャレンジしてみよう!

小学生 簡単でよく回る手作りごまで遊ぼう!
期 日 3月25日(火)
時 間 午前10時30分~12時
場 所 城山児童センター
対 象 小学生30名
※ 城山児童センター窓口で申し込み受付中、定員になり次第締め切りです。







【山王児童センター】イラスト画像
電話 36‐2090

お祝いカレーパーティー
期 日 3月26日(水)
時 間 午前10時~12時
場 所 山王児童センター
対 象 幼児親子(年少以上の幼児と保護者)小学生
※ 定員はありません。山王児童センター窓口で3月25日まで申し込み受付中です。
  申し込み時に野菜を一つ持ってきてください。

山王児童センターをさがせ
(ウォークラリー・ワイワイスペシャルバージョン)

期 日 4月19日(土)
時 間 午前10時30分~
集 合 天満駐車場
対 象 幼児親子50組
その他 天満駐車場から山王児童センターまでのウォークラリーです。
※ 山王児童センター窓口で申し込み受付中、定員になり次第締め切りです。

山王児童センターをさがせ
協力スタッフ募集
期 日 4月19日(土)
時 間 午前10時30分~午後12時30分
募集人員 10人

※ ウォークラリーの道中を着ぐるみを着て盛り上げてくださるボランティアさんを募集します。ウォークラリーの最後は山王児童センターでキャラクターが大集結!
 楽しいダンスで子育て支援!お待ちしています。(窓口にて申し込み受付中)


【ふれあい児童館】
電話 36‐5855イラスト画像

小学生 体験の旅
期 日 3月22日(土)
集 合 午前9時30分
解 散 午後3 時30分
行き先 古川起し太鼓の里
対 象 小学生20名
参加費 交通費300円
      おこづかい500円
持ち物 弁当・水筒・敷き物 
※ ふれあい児童館窓口で申し込み受付中、定員になり次第締め切りです。

小学生 お抹茶の会
期 日 3月27日(木)
時 間 午後10時30分~
場 所 ふれあい児童館
対 象 小学生15名
参加費 お菓子代 136 円
※ ふれあい児童館窓口で申し込み受付中、定員になり次第締め切りです。

詳細は各児童センター・児童館までお問い合わせ下さい。
高山市ボランティア・市民活動フォーラム2014
高山市内の市民活動・ボランティア団体が集まり、活動のアピール合戦や講演会、市民向けの相談会を開催します。どなたでもご参加できます。
参加者には市内福祉施設のお菓子をプレゼント ♪

◆日時 3月23日(日) 13:00~17:00
イラスト画像◆場所 高山市役所 地下ホール
◆内容 ① 市民活動団体事業活動報告会
      ② 地域づくり事例発表
講師: NPO法人 コミュニティーサポートスクエア
理事長 杉浦 陽之助(ようのすけ)氏
      ③ 基調講演
講師: 日本マイクロソフト(株)
    エバンジェリスト
     西脇 資哲(もとあき)氏
講演: プレゼンテーションのテクニック「伝える力」

☆ 随時:ボランティア・市民活動団体の活動紹介(展示ブース)及び相談

◆お問合せ先
  (社)高山市社会福祉協議会 電話
0577-35-0294
  高山市 市民活動推進課  電話
0577-35-3412

児童センター・児童館の紹介
【昭和児童センター】
 総合福祉センター1階にあり、ポッポ公園に隣接しています。
日々の楽しい遊びを通して子育て支援を行い、子育て中のパパ・ママの交流の場になっています。
週末のポッポ公園での季節の遊びや木工遊びなどを通して、子どもたちの健全育成や多世代交流を行います。また、母親クラブ活動も楽しめますのでお気軽にお問い合わせください。
イラスト画像
【城山児童センター】
 城山保育園の2階にあり、近くには城山公園や煥章館があります。
遊びを通しての子育て支援や、夏祭り・もちつき会、ハロウィンには商店街を歩くなど、地域の方々の参加と協力を得ながらの多世代交流を大切にしています。また、小学生一輪車クラブでは、仲間作りや体力増進等を目的に活動しており、福祉フェスティバルや冬のあったか縁日にも参加し、学校・学年の枠を超えた交流をしています。
イラスト画像
【山王児童センター】
 山王保育園の2階にあります。
場所がわかりにくいとの事から、天満駐車場から山王児童センターまでのウォークラリーを不定期に開催しています。また、運動遊びや季節の製作、ふれあい遊びを通して、親子や友達と関わりながら楽しい時間を過ごしています。小学生行事では異年齢交流を大切にした『カレーパーティー』『デイキャンプ』が人気です。また『スポーツマンを探せ』等、楽しく体を動かしながらの体力増進にも努めています。
イラスト画像
【ふれあい児童館】
 ふれあい会館の2階にあります。
外の広場では遊具や砂場で楽しんだり、季節の行事(夏祭り・焼きおにぎり会等)を行い、地域の方々との交流を深めています。母親クラブの活動には、県外や他市町村出身の幼児親子さんも友達作りの場として大勢利用されています。アットホームな雰囲気の児童館に是非遊びに来てください。
イラスト画像
Hit'sFM 76.5MHz
社会福祉協議会の事業紹介やイベント情報などをHit'sFMの76.5MHzにてお届けしています。
〈ヒッツFM〉高山市社会福祉協議会だより
毎週木曜日 10:30~10:40
        18:30~18:40(再放送)

このページのトップへ戻る

「福祉のまち」トップページへ戻る