「福祉のまち」 No.173
平成24年(2012)5月15日発行



よって館に寄ってみよう地図画像
よって館に寄ってみよう!
よって館 本町4
〒506-0011 高山市本町4丁目35
TEL〈0577〉32-2411
《年間行事》
毎週土曜日午後 折り紙
毎週日曜日午後 おしゃべり手芸
第1・2・4木曜日 13:30~ うたの会“ひばり”将棋相手が出来次第
 よって館本町は、商店街にあり、学校・保育園も近いことから乳幼児から高齢者まで幅広く利用して頂いています。お気軽によって下さい。お待ちしております。
よって館本町アニメーション写真画像
よって館初田アニメーション写真画像 よって館 初田
〒506-0008 高山市初田町1丁目 SINビル1階
TEL〈0577〉32-3791
《年間行事》
毎月4回 マージャンの会、ふれあいサロン
毎月2回 お茶べりサロン
毎月1回 グラスアート教室、うたの会、しゃべランチ、折り紙の会、隔月 ちぎり絵教室 『来る人に楽しみを 来た人に喜びを』をモットーに利用者の方に笑顔になってもらえる場所であるように工夫しています。
よって館 天満
〒506-0025 高山市天満町5-1-12
TEL〈0577〉62-8010
《年間行事》
毎週火曜日:おちゃべりサロン(第1・2・4 午前10 時~)
第3 火曜日:「おりがみ会」(午前10 時~)
毎週土曜日:「趣味活動」(午後1 時~)
第2 金曜日:「グラスアート教室」(午後1 時30 分~)
第3 金曜日:「雀会・民踊」(午後1 時30 分~)
春・秋:「ハンドメイド作品展」(5 月・11 月)

イラスト画像
よって館天満アニメーション写真画像
東日本大震災への義援金ありがとうございます。
義援金総額 1億2,147万9,584円
引き続き義援金の受付を行っておりますので、共同募金会高山市支会(社協内)へお問い合わせください。

岐阜県共同募金会高山市支会が㈱高山市民時報社様、飛騨高山ボランティア支援センター、市内設置募金箱、街頭募金等で受付けた金額です。(3 月31 日現在・敬称略)

飛騨高山ボランティア支援センター及び岐阜県共同募金会高山市支会受付分
国府町スタンプ会/ 180,583 円 土田俊彰/ 28,126 円無尽舎講演会(募金箱)/ 48,929 円 昭和町2 丁目町内会(町内会)/ 2,300 円
健康増進スポーツ施設の建設にご寄付いただきました!
 社会貢献活動の一環で飛騨信用組合様と取引先企業515 社で組織する「ひだしん会」様より4 月23 日に合せて1,000 万円のご寄付をいただきました。貴重な財源を活用させていただき、すべての市民の皆様に喜んで利用していただける施設づくりに心がけていきます。
 完成は9 月下旬を予定しておりますが、整備状況は本紙により随時お知らせします。
本当にありがとうございました。
写真画像:贈呈のようす
ハートアニメーション画像心あたたまるご寄付ありがとうございました(2月16日~4月15日)
◆ 社会福祉事業へ
▽ 10,000 円 ………………… 高山市子ども会育成連絡協議会 様
▽ 2,000 円 ……………………… 匿名 様
▽ 10,000 円 ………………… 上宝 宝友会 様
▽ 5,000 円 ……………………高山友の会 様
▽ 43,133 円 ………………… ユニー株式会社 営業統括部 様
▽ 11,287 円 ………………… ひだ笑いヨガクラブ 様
▽ 180,583 円 ………………… 国府町スタンプ会 様
平成24年度 高山市社会福祉協議会予算と実施方針をお知らせします
実 施 方 針
基本方針
 日本全体が少子高齢化により人口減少や核家族化が進み、地域全体の相互扶助の思いが希薄化し大きな社会問題となってきている中、昨年度発生した東日本大震災の教訓から地域の絆づくり、見守り活動、助け合いの重要性が大きくクローズアップされ地域の「絆」が再認識されました。
 このような状況のなか、本会では地域における福祉活動の指針となる高山市社会福祉協議会「第2次地域福祉活動計画」(平成20年度~平成24年度)を策定し、計画を基に活動してきましたが、平成24年度が最終年度となることから、4年間をふりかえり今後本会が進むべき「みちすじ」を更に明らかにし、その目標を達成するため基盤となる理念やビジョンなど、具体的な取り組みを示す「第3次地域福祉活動計画」(平成25年度から平成29年度)を新たに策定します。
 この計画では、地域福祉の推進を大前提とし、今までの計画と理念を継続的に推奨し、地域・ボランティア(福祉教育)・高齢者・子育て(家庭教育)・障がい児(者)・総合相談支援・指定管理業務や補助、受託事業など財源の確保も視野に入れながら大きな目標である「地域の住民が互いに支え合い 住み慣れた地域で安心して生活できる住民主体の地域づくり」をめざして更なる地域福祉の推進に努めます。
 本年度は、高山市の地域包括支援センターの委託計画により本会が受託運営に向け職員の計画的出向を開始します。又、高齢者健康増進と地域の交流の場を目的とするグラウンドゴルフ場の建設も行います。従前事業の見直しや改善を加えつつ、地域住民と連携し、更なる地域福祉推進に力を入れ邁進していきます。


重点事業
○ 地域福祉のさらなる推進のために
  ・ 地域福祉活動計画(平成25年度~平成29年度)の策定
  ・ 飛騨地区福祉サービス利用支援センター事業(法人後見・日常生活自立支援事業)
  ・ 総合相談窓口の充実
  ・ 地域福祉推進を目的とする事業(福祉委員制度、支えあい委員制度など)
  ・ 命のバトン事業推進と福祉マップ再構築事業の実施
○ 高齢者の生活向上を充実させます
  ・ 高山市地域包括支援センター計画的出向事業
  ・ 高齢者冬季グループホーム運営事業
  ・ 高齢者日常生活実態調査の取りまとめ
  ・ 高齢者健康増進スポーツ施設の整備事業
○ 障がい者の生活支援を充実させます
  ・ 障がい者生活支援のための事業、余暇活動、教養講座事業の実施
○ 指定管理者制度の指定継続に向けた取り組みを強化します
  ・ 老人福祉センター、身体障がい者福祉センター、母子福祉センター、児童センター(館)の専門性を生かした自主事業の実施
○ 組織の活性化と職員資質向上に向けた取り組みを強化します
  ・ 職員研修、職員スキルアップ講座などの実施
○ 法人運営の効果的・効率的な組織運営確保に向けた取り組みを強化します
  ・ 各種規程の整備とルールブック(業務推進マニュアル)の再整備と実施の徹底
  ・ 情報発信機能の充実強化
  ・ 身体障がい者福祉センターと障がい者支援センターとの連携に基づく交流促進と両者の機能統合に向けた調査・研究
○ 職員の人材育成の取り組みを行ないます
  ・ ほうれんそうカード(報告・連絡・相談カード)の整備活用
  ・ 情報連絡票と自己目標管理シートの活用
市内全域での地域福祉を推進
地域福祉…住民の幸せを形にするために、町内会、社会教育、民生児童委員、福祉委員、行政などと協働し事業を推進していきます。
児童館・児童センター事業
児童の健全育成や子育て支援
地域住民のふれあい交流事業の推進
昭和・山王・城山の児童センター・ふれあい児童館で展開
児童発達支援事業所
高山市あゆみ学園
日常生活における基本的動作の習得や集団生活の適応が出来るように支援します。
母子福祉センター事業
親子ふれあい事業をとおしてひとり親家庭の支援します。
自主的な遊び場の提供とふれあい事業の推進
老人福祉センター・介護予防事業
高齢者健康づくり・健康維持のためのさまざまな事業を実施します。
(文化・体育活動、健康教室、出前講座等)
福祉サービス利用支援事業
判断力が十分でない方の法人後見事業、日常生活自立支援事業、 生活福祉資金の貸付
身体障がい者福祉センター事業
心身の健康づくりと仲間づくり、生きがいづくりを目的に教室や事業の開催及び場の提供、デイサービスや野外活動、健康増進活動等を通して、自立の支援を促進、関連機関とのネットワークの確立
外出支援事業
外出手段を持たない高齢者のお出かけを支援
(対象地域は旧高山市以外)
ボランティアセンター機能
市民との協働によりボランティア活動や市民活動を推進します。
次世代を担う子どもたちの育成
東日本大震災の支援活動の継続
高山市連合長寿会事務局
高山区と支部域における長寿会事務局とその活動支援
共同募金会の運営
高山市社会福祉協議会予算表
地域福祉の充実のために
高山市社会福祉協議会会員会費へのご加入をお願いします。
イラスト画像 皆様からお預かりする会員会費は、見守り活動や福祉マップ(命のバトン事業)の作成や地域福祉活動事業の推進のための貴重な活動財源のひとつです。
 6月1日より各町内会をとおして会費納入のお願いに参りますのでよろしくお願いします。


主な使途

● 高齢者事業(高齢者冬季ファミリーホーム事業実施・高齢者住宅改修事業・高齢者おでかけ活動支援事業等)
● 介護予防事業(介護予防教室・健康サロン等の支援)
● 障がい者生活支援事業(生きがいサロンづくり等の支援)
● 地域子育て支援事業(子育てサロン・いどう児童センター(おでかけ隊)事業の実施等)
● 福祉関係機関・福祉団体等の活動支援(福祉委員連絡会・福祉関係団体等連絡協議会・自主活動連絡会等)
● 広報・啓発事業(機関誌の発行や情報提供等)
市民の皆様からお預かりする貴重な会費できめ細かい地域福祉を推進していきます。
各町内会で福祉委員が活動しています
福祉委員とは
 社会福祉協議会の地域福祉活動を推進するため、高山市では昭和59年に各町内会に「福祉委員」を設置し、福祉のまちづくりに取組んでいます。
◎ 福祉委員は、地域における福祉活動の推進役として位置づけられています。
◎ 高山市社会福祉協議会が委員各位に委嘱状を交付します。
1 各町内会の福祉の役員として、町内における福祉に関する状況を把握するため民生児童委員との交流を行う。
2 社会福祉協議会の事業の推進
 社会福祉協議会が実施する福祉フェスティバルや福祉大会、共同募金運動等へ参加する。
3 地区で展開するサロンの支援
 サロンでの安価な必要物品の整備等、活動費を有効活用する
4 福祉講演会・研修会の開催
 隣接する地区と協働し、地域住民を対象に講演会、研修会を行う。
5 地域見守り活動の推進
 地域で暮らす子どもやお年寄りに積極的な声掛けを行い、ちょっとした変化に気を配りながら、普段の生活を見守る。
◎ 福祉委員は、右記の活動を通じて社会福祉協議会と住民とを結び付ける重要な役割を担っています。また、もう1つの役割として、町内会(地域)における住民福祉のリーダー役となって活動していただきます。福祉委員が解決できない問題等については、社会福祉協議会が関係機関と対応を協議します。
大人気 高齢者健康教室(ひざ腰元気教室)に参加しませんか
 高山市社会福祉協議会では高齢者の健康づくり、仲間づくりを広めると共に、公民館等を活用し地域の活性化を図る事業として高齢者健康教室を推し進めています。参加者から教室の魅力を伺うと「身体に負担が掛からない体操です」「健康づくりの大切な基本を学ぶことが出来ます」「一人では出来ないけど仲間となら楽しく続けられます」等、大変好評を得ています。
 教室終了後も安心して自主活動を続けられ生きがい活動につながっています。お住まいの近くの公民館で開いてみませんか。心身共に健康な生活を送る為に、地域の皆さんとの絆を結ぶ為に。イラスト画像
参加条件等詳細は高山市社会福祉協議会介護予防事業室までお問い合わせください。
写真画像:体操のようす
イラスト画像
「児童デイサービス事業所」から
「児童発達支援事業所」に名前が変りました。
 平成24 年度児童福祉法の改正により、4 月1 日より「児童デイサービス事業所」から「児童発達支援事業所」に名前が変わりました。
 児童福祉法を基本として身近な地域での支援を充実させることであり、療育内容等に変わりはありません。現在発達の気になる子どもたちが1 週間に延べ100 人ほど利用しています。療育を受けることで、ひとり一人の問題や課題が解消されたり、保育園や幼稚園などで過ごしやすくするような支援を行っています。ご心配な親さんは、一人で抱え込まないでいつでも気軽にご相談くださいね。一緒に考えていきましょう。
問い合わせ先:高山市社会福祉協議会 TEL 〈0577〉35-0294
あおぞら号が新しくなりました
 今年度から日本財団や市の補助金を受けて、「あおぞら号」がリニューアルしました。今後、障がい者のみなさんをはじめ、福祉関係団体等、多くの方々にご利用していただきたいと思います。どうぞみなさん、末長く可愛がってくださいね。イラスト画像
写真画像:新しくなったあおぞら号
清見支部・荘川支部
 清見町・荘川町の皆さんが安心して心豊かに暮らせるように、共に考え、実践することをめざして活動をすすめます。
〈実施事業〉
 福祉総合相談支援事業・高齢者ふれあい、交流事業・高齢者配食サービス事業(荘川地区)健康サロン等(自主活動)支援事業・子育て支援事業・各種福祉団体等支援事業・支部だより発行事業


サロン交流会(高齢者ふれあい・交流事業)あんきに楽しい時間を過ごしましょう!
 
地区内のサロンメンバーが一同に会して、情報交流や親睦を図り、今後の活動の充実を図ることを目的に開催します。健康サロン(自主活動)は、現在、清見町には11ヶ所、荘川町には8ヶ所あり、週1,隔週、月1等のそれぞれのペースで、健康体操・レクリエーションを通して、介護予防、生きがい、仲間づくりを行なっています。
写真画像:高齢者ふれあいのひととき
国府支部 おたのしみ会の参加者募集
 国府支部ではお年よりの方を対象として月に1〜2回の集いを開催しています。体操やゲーム、歌や踊りの他、講演をきいたり花見をしたりと多種多様な内容です。国府町にお住まいの65歳以上の方で介護認定を受けていない方は参加していただくことで心身の健康維持に役立てていただきたいと思います。

お申込み先
高山市社会福祉協議会 国府支部
        TEL〈0577〉72 ― 4426
写真画像:高齢者お楽しみ会のようす
ひとり親家庭の皆さんへ
 高山市母子福祉センターでは、①親子の絆を深める子育て支援②児童の健全育成③仲間づくりを図るふれあい交流④相談・援助などを目的として、下記のとおり年間を通して行事を計画しています。みなさんの参加をお待ちしています。
(都合により日時を変更する場合もあります。)
平成24年度 年間計画表(予定)

障がい者パソコンサロンの開催
講師といっしょに楽しみながら学びましょう!
〈開催日:毎月2回 会場:高山市総合福祉センター2階 リハビリ室13:00~〉
障がい者パソコンサロン開催予定表
問い合わせ:高山市身体障がい者福祉センター TEL〈0577〉35-0294㈹
児童センター・児童館 行事予定
【昭和児童センター】
電話 35‐0294

乳幼児年齢別サロン
「おや」と「こ」サロン1・2・3
 年齢に合わせた遊びで親子のスキンシップとお母さんの交流を楽しみましょう。各コース年に6回開催します。
1〜2歳児 つぼみコース
5月16日㈬ 「はじめましてゲーム」
7月11日㈬ 「からだであそぼう」
2〜3歳児 おはなコース
5月23日㈬ 「はじめましてゲーム」
7月18日㈬「からだであそぼう」
時 間10時30分〜11時30分
場 所 福祉センター4階和室
持ち物 お子さんのお茶(水分補給)お母さん用カップ
対 象 乳幼児親子 15組(各回)
※ 昭和児童センター窓口で2週間前より申し込み受付、定員になり次第締め切りです。

食育講座

 乳幼児期の食の大切さを考えましょう。
年に3回開催します。
期 日 6月5日㈫
時 間 午前10時30分〜11時30分
場 所 総合福祉センター内
対 象 乳幼児親子 15組
※ 今回は高山市役所の永瀬栄養士さんのお話をお聞きします。
※ 昭和児童センター窓口で2週間前より申し込み受付、定員になり次第締め切りです。


【城山児童センター】
電話 32‐0674

地域交流 観劇会(日赤劇団 日本一周)

期 日 6月9日㈯
時 間 午前11時開演( 10時30分開場)
場 所 城山児童センター
対 象 幼児親子・小学生・地域の皆さん 100名
※ 観劇の後は昼食交流します(持ち物あり)
※ 城山児童センター窓口で申し込み受付中、定員になり次第締め切りです






【山王児童センター】
電話 36‐2090

小学生クッキング・ハイキング
お弁当を作って出かけよう!
期 日 6月2日㈯
時 間 午前10時〜午後3時
場 所 山王児童センター・山王公園
対 象 小学生15名
※ 6月1日より山王児童センター窓口で申し込み受付、定員になり次第締め切りです。

地域交流 救命救急講習会
期 日 6月8日㈮
時 間 午前10時30分〜12時
場 所 山王児童センター
講 師 高山消防署職員
対 象 児童センターを利用する親子・地域の皆さん

チャレンジランキング
期 日 6月30日㈯
時 間 午後1時30分〜午後3時
場 所 山王児童センター
内 容 小学生実行委員がゲームを進めます
対象 幼児親子・小学生 30名
※ 6月1日より山王児童センター窓口で申し込み受付、定員になり次第締め切りです。

【ふれあい児童館】
電話 36‐5855

小学生ハイキング

期 日 5月26日㈯※雨天中止
時 間 午前10時〜午後3時
行き先 城山公園
対 象 小学生 15名
※ ふれあい児童館窓口で申し込み受付中、定員になり次第締め切りです。

いちご講座
 同じ年齢の子どもさんを持つお母さん同士、育児に奮闘してみえるお母さん同士、いろんな思いを共有しあえたらいいなぁ…という思いで、育児講座を開講します。
期 日 5 月31日㈭〜10月11日㈭の木曜日(計8回)
時 間10時30分〜12時
場 所 ふれあい児童館
対 象 今年度3歳になる幼児さんと保護者 20組
内 容 運動あそび・音楽あそび・制作など
※ ふれあい児童館窓口で申し込み受付中、定員になり次第締め切りです。


詳細は各児童センター・児童館までお問い合わせ下さい。

高山市連合長寿会に加入しましょう!
 昨年から高山市連合長寿会の事務局を高山市社会福祉協議会がサポートしています。
 地域の皆さんのご意見をお聞きし事業を実施していきます。この機会に是非とも長寿会に加入して頂き、一緒に健康づくりや生活を豊かにする活動、地域を豊かにする活動をしましょう。

6 月~ 7 月の予定
イラスト画像6 月15 日 飛騨地区「単位クラブリーダー研修会」
会場:高山市民文化会館
7 月20 日 軽スポーツ大会「高山市大会」
会場:丹生川運動公園グラウンド

お問合せ
高山市社会福祉協議会 TEL 0577 - 35 - 0294

このページのトップへ戻る

「福祉のまち」トップページへ戻る